もう仕事で頑張れない…本当は頑張りたいのに…疲れたときの働き方5つのコツ

もう仕事で頑張れない…本当は頑張りたいのに…疲れたときの働き方5つのコツ

仕事で頑張れないときの働き方

 

どーも、西村敏です。

 

今回の記事では、「もう疲れた」「これ以上仕事で頑張れない」ときの働き方5つのコツ、をお話ししていきます。

 

 

今まで自分なりに仕事を頑張ってきたのに、周りから「もっと頑張れ!」と言われて、「さすがにこれ以上頑張れないよ」と思ったり、今までずっと激務に耐えてきてもう精神的に限界になる時ってありますよね。

 

 

私も会社員時代もう無理だと思ったことがありました。

 

毎日のように23時過ぎまで残業して、全然休む暇がなく、通勤の時に「あの対向車線のトラックに突っ込んだら楽になれる」と毎日のように思っていたことがあります。

 

だから、もうこれ以上仕事は頑張れないと感じる人の気持ちはよくわかります。

 

 

でも私は、頑張らずに働く方法を覚えたことで、精神的に追い込まれにくくなりました。

 

以前の私のように、仕事で追い込まれる人がひとりでも減ればいいなと思い、今回その方法をお話ししていきます。

 

 

今回の記事を最後まで読んでいただければ、頑張らなくても周りに迷惑をかけることなく最低限の仕事ができるような状態を作ることができます。

 

また周りからのプレッシャーもかわすことができるようになるでしょう。

 

かなり精神的には楽になるはずです。

 

 

では、本題に入っていきます。

 

 

本記事の内容

 

  • 「仕事で頑張れない人は自分に甘い人なのか?」私は違うと思う
  • もう仕事で頑張れないという時に頑張らないで働ける5つのコツ
  • ー1.元気に朝の挨拶をして印象を良くすること
    ー2.できないことにはできないと正直に言うこと
    ー3.頑張らなくても働ける職場に転職すること
    ー4.頑張っている上司や後輩プレッシャーをうまくかわすこと
    ー5.自分がどういう人生を歩みたいのか決めること

  • まとめ

 

\ 無料で今すぐ1分で登録可能! /

裏カジノメルマガ

/ 迷惑メールは一切送りません。 \

 

 

「仕事で頑張れない人は自分に甘い人なのか?」私は違うと思う

 

まず本題に入る前に一つ重要な話があります。

 

それは、仕事が頑張れないことが自分に甘い、わけではないということです。

 

 

「もう仕事が頑張れない」ということは、今までめちゃくちゃ頑張ってきたということです。

 

あなた自身が頑張れない人間だということではありません。

 

ただ今はちょっと限界を超えてしまったというだけなのです。

 

 

この記事を読んでいる人はおそらく、ずっと何もせずにダラダラしていたいとか、全く頑張らずにダメ人間として生きていきたいとは思っていないはずです。

 

本当は自分のできる範囲で頑張って仕事をしたいし、自分の責任を果たしたい、と思っているのではないでしょうか。

 

 

その思いを持っていることはとても素晴らしいことです。

 

なのでそんな自分は責めずに、自分を褒めてあげてください。

 

自分は今まで頑張ってきたし、これからもできる限り頑張っていきたいと思っている、と気付くことが大切です。

 

 

その上でこれからお話しする「頑張らないで働ける5つの方法」を実践していけば、あなたなりに頑張りつつ仕事をしていくことができるでしょう。

 

 

 

もう仕事で頑張れないという時に頑張らないで働ける5つのコツ

 

では、もう仕事で頑張れないという時に頑張らないで働ける5つのコツをさっそく紹介します。

もう仕事で頑張れないとき働き方の5つのコツ
1.元気に朝の挨拶をして印象を良くすること
2.できないことにはできないと正直に言うこと
3.頑張らなくても働ける職場に転職すること
4.頑張っている上司や後輩プレッシャーをうまくかわすこと
5.自分がどういう人生を歩みたいのか決めること

 

1つずつ解説していきます。

 

 

 

1.元気に朝の挨拶をして印象を良くすること

 

1つ目は元気に朝の挨拶をして印象を良くすることです。

 

朝、自分の職場に行った時に、元気よく「おはようございます!」と言いましょう。

 

 

なぜ朝の挨拶を元気にした方が良いかと言うと、朝一で元気に「おはようございます!」という人は、周りの人に「やる気がない人だ」と思われにくいからです。

 

朝元気に挨拶してくる人がいたら、なんかこいつやる気ありそうだなって思いますよね。

 

だからあなたも朝の挨拶を元気にしてやる気がありそうな雰囲気を出しておくことが重要です。

 

 

 

2.できないことにはできないと正直に言うこと

 

そして2つ目はできないことは「できない」と正直に言う事です。

 

 

頑張って頑張って頑張りすぎてしまう人の特徴は何でも一人で抱えすぎてしまうということです。

 

自分のできることでもできないことでも、上司や先輩周りから頼まれたことは全部「やります」と言ってしまう。

 

「やります」と言った後に「できない仕事かも」と感じたとしても、出来ると言ってしまったから自分でやらなければいけない、と自分で抱え込んでしまいます。

 

そうすると、仕事の締め切りだったり、周りからの「あれ終わったの?」と言うプレッシャーだったりを感じ、精神的に追い込まれてしまうのです。

 

 

そうなる前に自分にできないことは「できない」と正直に言うようにしましょう。

 

それだけで仕事で追い込まれるケースは大幅に減ります。

 

 

一度仕事を受けてしまった後でも、「考えてみたらこういう部分が今の私にはできません」と上司や先輩に話してみても大丈夫です。

 

それはごくごく当間のことだからです。

 

 

もちろん、上司が嫌な奴でなかなか相談できないという人もいるでしょう。

 

そういう人は誰でもいいから周りで相談できる人を作るといいです。

 

 

自分にできないことがあっても、その人に相談したら「あの人に聞けばいいよ」教えてもらえる。

 

そしたらその人に聞きに行けばいいのです。

 

 

そうやって周りに助けてもらいながら仕事を回していくことも覚えていくと、自分一人で抱え込まなくてよくなるので、精神的なプレッシャーはかなり減ります。

 

この方法はかなり強力です。

 

 

 

3.頑張らなくても働ける職場に転職すること

 

3つ目は頑張らなくても働ける職場に転職することです。

 

頑張って頑張って頑張り続けて、それでも仕事が終わらない…、みたいな職場にいると、頑張らなくても働ける職場があるなんてことは想像できないかもしれません。

 

私も会社員時代はかなりの激務だったので、そんな楽な職場があるということは想像できませんでした。

 

 

ですが、世の中を冷静に見てみると、仕事が暇で悩んでる人もいます。

 

それくらい頑張らなくても働ける職場というのはあります。

 

 

なので、どうしてももう仕事で頑張れない、もう頑張りたくない、という人は、頑張らなくても働ける職場に転職するのも一つの方法です。

 

 

頑張らなくても働ける職場は、求人情報などを見ても分かりにくいので、ネットの口コミなどを参考に探してみると良いです。

 

「頑張らなくても働ける職場」と検索しても出てこないので、仕事が暇で悩んでいる人を検索してみるといいですね。

 

仕事が暇で悩んでいるということは、その職場は頑張らなくてもいい職場だからです。

 

 

 

4.頑張っている上司や後輩プレッシャーをうまくかわすこと

 

4つ目の方法は「頑張っている上司や後輩のプレッシャーをかわすこと」です。

 

 

もう仕事で頑張れないという人は「今まで頑張ってきた人です」という話をしました。

 

こういう人は上司や後輩など周りの人が頑張っていると、「自分も頑張らないといけないんじゃないか…」と思い込みやすいです。

 

だから、頑張りたくもないのに頑張ってしまうのです。

 

周りに合わせたり周りの目を気にして頑張ってしまうことで、さらに精神的に疲弊していきます。

 

 

なので仕事でもう頑張れないという時には、頑張っている上司や後輩のプレッシャーをかわすことが必要です。

 

 

どうやって頑張っている上司や後輩のプレッシャーをかわすかと言うと、少なくとも自分の仕事だけは最低限こなすようにします。

 

無理に自分の仕事以外のことをする必要はありません。

 

 

そもそも会社の仕事が激務で自分の仕事すら終わらないという人もいるでしょう。

 

激務過ぎて自分の仕事が終わらない人は、振られた仕事の中で重要な仕事だけをやればいいです。

 

会社の仕事の中には無駄な仕事もたくさんあるので、重要な仕事を見極めてそれだけをやるということが非常に重要です。

 

 

私は会社員時代重要な仕事の上をやると決めて、それだけに取り組んだことで残業時間も大幅に減らせました。

 

定時に帰ることも出来ました。

 

 

 

5.自分がどういう人生を歩みたいのか決めること

 

そして5つ目は「自分がどういう人生を歩みたいか決める」ことです。

 

 

もう仕事で頑張れないとなった時に、この先ずっと仕事で頑張らなくてもいいやと思うのか、今の仕事でも正直頑張れないけど頑張れる仕事を見つけて仕事でも頑張っていきたいと思うのか、は非常に重要です。

 

どちらを目指すかによって人生は大きく変わるからです。

 

どちらの人生を選ぶのが正解かという話ではありません。

 

これはあなたがどういう人生を歩みたいかどうかで決めることだからです。

 

 

「自分がどう生きたいか」が決まっていなければ、ただただ仕事を頑張らずに毎日時間をつぶして日々が過ぎていく、という人生になりかねません。

 

それは時間がもったいないです。

 

人生がもったいないです。

 

 

仕事で頑張れないのであれば、プライベートを充実させるとか家族との時間を沢山取るとかでもいいです。

 

仕事で頑張れないからと言って、人生を捨ててしまうのは違うと私は思います。

 

 

あなた自身がどういう人生を歩みたいか、自分の人生設計を決めて、それをベースにどのように仕事に取り組むかを決めていくと、人生の充実度が上がります。

 

 

以上が「もう仕事で頑張れないとき働き方の5つのコツ」でした。

 

 

\ もっと一緒に勉強していきませんか? /

裏カジノメルマガ

/ 私、西村も読んでます! \

 

 

まとめ「もう仕事で頑張れない…本当は頑張りたいのに…疲れたときの働き方5つのコツ」

 

今回の記事「もう仕事で頑張れない…本当は頑張りたいのに…疲れたときの働き方5つのコツ」の内容をまとめると、以下です。

 

1.元気に朝の挨拶をして印象を良くすること
2.できないことにはできないと正直に言うこと
3.頑張らなくても働ける職場に転職すること
4.頑張っている上司や後輩プレッシャーをうまくかわすこと
5.自分がどういう人生を歩みたいのか決めること

 

どれか1つでも実践するだけで仕事のプレッシャーから解放されるので、今は「もう頑張れない」と思う人は、まずはどれか1つでいいのでやってみてくださいね。

 

 

仕事をうまくこなし、より人生を楽しんでいくには、大事なことは他にもあります。

 

この記事の下で紹介している関連記事やメールマガジン・LINE@でも「生き方のコツ」を解説しているので、併せて読んでみてください。

 

 

それじゃあ、またね!(^^♪

 

 



ここまでお読みくださりありがとうございます!

このブログ「西村敏の分析倶楽部」は、

  • 収入アップやスキルアップのためにビジネスを始めたい
  • すでにビジネスをしていてさらに売上を伸ばしたり事業拡大したい
  • 今の人生・今の自分に満足できなくて「何か変えたい!」と思っている

と心から思う仲間のために作りました。

ビジネスを通してお金を稼ぐのは当たり前。

その上でさらに、スキル的にも精神的にも成長してより魅力的な人間になり、経済的な成功と、精神的な幸福を同時に手に入れていく人が増えたらいいな、と思って日々ブログやYoutubeを更新しています。

とはいえ、全員がビジネスをやればいい、とは思っていません。

ビジネスには興味がないけど「何か変えたい!」「何か始めたい!」という人には、勇気ある一歩を踏み出す後推しができればな、と思っています。


現在の私は、気の合う仲間と一緒に事務所を借りて、仲間と楽しく、自分のやりたい仕事をして日々を過ごしています。

この前も仲間から「集中できるBGMを流したい!」と提案を貰い、その日のうちにスピーカーを一緒に買いに行きました。

今は、集中力を高めるある特殊な音源を流しながら、快適にこのメッセージを書いています。

もちろん、仕事だけしているわけではありません。

いつ・誰と・どこで、遊んだり勉強したりするのも自由です。


私が自由になれたのは、『明日死んでも後悔しないか?』と考え続けてきたから、だと自分では分析しています。

私は身近な人の死をたくさん見てきました。

私が15歳のときに父が癌で余命宣告され(その3年後になくなりました)、23歳のときには叔父がある河原の駐車場で焼身自殺し、27歳のときには大学の友人が睡眠中の脳出血でポックリ亡くなりました。

昨日まで元気だった、これからもしばらく一緒だろうと思っていた、そんな人たちが、いなくなる。

そんな姿を見て、「自分もいつ死ぬかわからないな」と思うようになりました。

いつ死ぬかわからないからこそ『明日死んでも後悔しない人生』を選び続けてきました。


その結果、自由になれただけです。


正直に言うと私は、「こういう人生になれば幸せだ!」「自分のやりたいことはコレだ!」というのはわかっていません。

ですが明確に、「何にも変えようとせず、チャレンジせず、現状維持をし続けていたら死ぬ瞬間に後悔する」とは感じています。

だから、現状維持ではなく、「たぶんこっちの方が幸せになれそうだな」「自分のやりたいことはもしかしたらこれかなぁ?」と思う方向に進んできました。

おかげで、ただ悩んで何もしなかった頃よりも、自分の幸せややりたいことがぼんやりとはわかってきたし、少なくとも自由にはなれました。


誰もがこの社会で生きていれば、悩みの1つや2つはあるでしょう。

いや、1つや2つどころではないかもしれません。

でもその悩みは、『明日死んでも後悔しないか?』という考え方を取り入れることでなくなっていきます。


そうはいっても、『明日死んでも後悔しないか?』と考え続けることはラクではありません。

さまざまな理由があり、人はついつい「今日くらいラクしちゃおう」と思ってしまう生き物だからです。


だから私は、『明日死んでも後悔しないか?』と考え続けられる環境や仲間を増やしたいと思っています。

そうすれば、多くの人が、仲間に囲まれ、やりたいことが見つかり、自由になっていくことができるからです。


この考えに共感してくださったのが、今では友人でありビジネスパートナーである「佐藤想一郎さん」です。

佐藤想一郎


出会った当時から想一郎さんは私よりも経済的に成功を収めていました。

私はそんな想一郎さんと男2人で二週間連泊で温泉に行きました。(あっ、決してボーイズラブ的な関係ではありません(笑))

そこで見たのは、想一郎さんが食事とお風呂以外の時間はずーっと作業に集中し、めちゃくちゃストイックに仕事をしている姿でした。

「ここまでやるのか!」と思いました。

そこで私は「何でそこまでやるんですか?」と聞きました。

すると想一郎さんは、「仲間やお客さんの人生が変わる瞬間を見るのが、生きがいであり楽しいからです。そのためにやりたいからやっているだけですよ。」と答えてくれました。

私は直感で「こんな感覚で生きていたら、いつ死んでも後悔しないだろうな」と感じました。

その瞬間から私の感覚は大きく変わりました。

二週間連泊の温泉から帰った後も、想一郎さんから感じた雰囲気を思い出しながら仕事をすることで、仕事への向き合い方が大きく変わりました。

おかげで、ビジネスの売上はもともとの3.4倍に。


そこで私は想一郎さんに「ブログ読者さんに『明日死んでも後悔しない生き方』をよりお伝えしたいので、メルマガを書いてください!」とお願し、書いてもらえることになりました。

想一郎さんのメルマガは具体的にはビジネスがテーマです。

『明日死んでも後悔しない生き方』だけでなく、経済的な成功と精神的な幸福を同時に手に入れる人の『雰囲気・感覚』を知ることができます。(直接会わなくても雰囲気や感覚を伝えられるのは、特殊なライティングスキルを持っているからです。)


そして今では、成功者の感覚をインストールした仲間で集まって、夢を語り合いながら駅近の高層ビルのオフィスで一緒にビジネスをしたり、高級なお茶屋さんでみんなで希少なお茶を飲みながら人生を語り合ったりして、みんなで楽しく過ごしています。

そこにもっとたくさんの仲間が集まったらいいな、と思っています。


成長してビジネスでも成功したい!明るく楽しい仲間と笑って泣いて笑って過ごす人生を送りたい!と思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。非常にオススメです↓↓

→ 無料で今すぐ登録する

1分で登録完了。解約はいつでも可能です。



 


「LINEフォロー制度」


今回、想一郎さんのビジネスメールマガジンの参加者限定でLINEフォロー制度を準備しています。

より成功を確実なものとするためにLINEでフォローしていきます。

そのLINEの配信は私、西村が担当します。


私は今、オモテではブログ・Youtube・TikTokで情報配信をしています。

一方で、ウラ側では佐藤さんの集客チームへアドバイスしたり、敏腕コンサルタントのメディア運営を手伝ったりしています。

オモテでの情報配信も楽しいのですが・・・ウラ側の仕事では、本物の成功者と関わるので、学びや気づきがとても多いです。

そこで今回、ウラ側の仕事を通して学んだことや気づいたことを、想一郎さんのビジネスメールマガジンの参加者限定で、LINE@でこっそりシェアしていくことにしました!

今だけLINEで友達になってくれた人限定で【西村敏がやっているビジネスモデルの裏側音声セミナー(17分19秒)】もプレゼントしています。

一方的に情報を送るだけでなく、送って頂いた感想を見て、リアルタイムに必要な情報をお届けしていこうと思っています!

ぜひ、ビジネスメールマガジンに参加した上で、友達になって情報を受け取ってもらえたら嬉しいです↓↓

→ 無料で今すぐ登録する

1分で登録完了。解約はいつでも可能です。

スポンサードリンク