人生は40代でやり直しを迎える|人生後半で遅咲き成功できる方法

人生は40代でやり直しを迎える|人生後半で遅咲きの成功ができる方法

 

「40代から人生のやり直しはもう遅いのかな・・・」と思うかもしれません。

 

 

ですが、40代の人から見たら30代の人は若いですが、彼らは「30代なんてもう遅い、20代で人生を真剣に考えておけば・・・」って思っていたりします。

 

そういう人見たら「いや、30代なら全然間に合うわ!」って言いたくなりますよね(笑)。

 

 

それと同じで、50代の人は「40代で人生やり直しにチャレンジすればよかった・・・」と思ってたりするものです。

 

ということは、50代の人があなたを見たら「いや、40代ならまだ間に合うわ!」って言いたくなるワケですよ。

 

 

つまり、40代からでも全然人生やり直せるし、『今』ちゃんと人生に向き合うことが、50代60代になったときに後悔しない生き方だったりします。

 

むしろ私は、40代って自分の人生を俯瞰して見れる時期なんで、そこでちゃんと自分の生き方に向き合ったら、遅咲きの成功を手にしていくことは全然できると思ってます。

 

 

私のお客さんには60代の年金暮らしのおばあちゃんなんかが「ここからもう一度自分の人生を生き直すんだ!」なんて来てくださった方がいて、実際に「遅いと思わずやって良かった」って言ってましたからね。

 

そういう50代とか60代からでも人生変えられた方法を40代から人生をやり直す方法として最適化して、これからお話していきます。

 

 

ちゃんと最後まで読むだけでも、意識が変わって人生が変わり始めるように書いていきますからね!

 

最初ちょっと具体的な人生のやり直し方とは違う話になるんですが、その話が具体的な方法のキーポイントになってくるんで、読み飛ばさず読んでもらえたらと思います。

 

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

 

 

自分の人生を引きで見える40代で人生のやり直しをすると人生後半で成功できる

 

私がこれまでいろんな年代の方とお話してきて思うのは、20代30代で人生やり直したい!っていう人と、40代で人生やり直したい!っていう人とでは、その中身が全然違うなってことです。

 

 

20代30代の人は目の前の失敗や若い頃の後悔をもう一度やり直したいって感じが多いんですね。

 

たとえば、大好きなパートナーとちょっと自分が感情的になったせいで別れちゃってやり直したいとか、あんまり深く考えずに仕事を選んじゃったから仕事をもう一度選びたいとか、そんな感じです。

 

あっ、それが悪いってことじゃなくて、そういう傾向があるって話ですからね(笑)

 

 

で、40代の人はその傾向がガラッと変わります。

 

もちろん、上のような部分もあるにはあるんですけど、それよりも「あれっ?このままの人生で生きていっても・・・」とか、「私の人生何したかったんだっけ」とか、ちょっとこう、自分の人生全体を見てる悩みが多くなるんですよ。

 

この人生全体を見る感じを「俯瞰」って言うんですが、俯瞰した上で「人生をどうやり直すか?」を考えると遅咲きの成功が手に入りやすくなります。

 

なぜそうなるのか?は読み進めていくとわかるんで、ひとまずここではそういうものだと思っておいてください。

 

 

じゃあ、40代で人生を俯瞰したときってのは、だいたい2つのパターンがあるんで、それ説明します。

 

これ読んだら、人生を俯瞰するって感覚がわかります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

40代になって人生の先が見えて無力感を感じる人

 

これは会社員として働いてきた人に多いパターンです。

 

40代だと会社員して勤続20年くらいだと思うんですけど、転職しててもしてなくても、それだけ長く会社員やってたらだいたい自分がどこまで出世できるかなんとなくわかっちゃうじゃないですか。

 

一生ヒラ社員かなとか、課長までかなとか、部長までいけるちゃんがあるかもとか。

 

 

すると、思うワケですよね。

 

「不満あったりやりたいこと我慢したりしても、なんだかんだずっとガムシャラにやってきたけど、自分は課長までか・・・。そんな人生で本当にいいのかな。」

 

と。

 

 

失敗したことをやり直して成功させたい、とかではなくて、『これからどうしていくべきなのか?』って迷いになってるワケです。

 

 

こんな感じで、これまでの人生とこれから死ぬまでの人生を合わせて考えるようになる人は本当に多いんですね。

 

すると良い意味で、今までの価値観が壊れたりとかして常識にとらわれにくくなるので、40代は人生のやり直しがうまくいきやすくなります。

 

 

もう1つパターンあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

40代になって人生が空っぽになったと感じる人

 

結婚したり出産したりした年齢にもよるんですが、40代主婦になると子供も大きくなって子育てから解放される人が多くなります。

 

 

子供が小さいときって、もう人生全部が子供中心になりますよね。

 

自分のことは全部あと回し!みたいな。

 

 

そうやってとにかく目の前の子育て・家事をこなす毎日を繰り返してきて、急に「はい、今日で子育てもひと段落でーす」ってなると、ふとこう思うワケです。

 

「あれっ、私の人生って何なんだろ・・・?」

 

って。

 

 

本当の意味で人生の目標や目的がなかったことに気付くんですね。

 

子育てしてるときは毎日を無事に終わらせることが目標になってたりするわけですが、それって子育てや家族の目標であって、あなた自身の人生の目的ではないわけです。

 

もちろん、これがダメってことではないですよ。

 

だって、子育てがあなたの人生にハリを与えてくれていたってことなのでそれって素晴らしいことですし、それをガムシャラに頑張れたからこそ、目的がないことにも気づけたわけですからね。

 

 

人によっては、「私は今までずっと他人に与えられた人生を生きてきただけだったんだな」ってところまで気づく人もいます。

 

 

こんな感じでも、人生の俯瞰が起こるわけですね。

 

このパターンも、「よし、空っぽから再スタートだ!」って思えるので、人生のやり直しがうまくいきやすいんですね。

 

 

だから40代ってのはこういう風に言われるのです。

 

 

 

40歳にして惑わず

 

これは孔子(中国の有名な儒教の祖)が「論語」の中で書いた言葉です。

 

40歳して惑わずってのは、迷わなくなるってことではありません。

 

 

彼は「40代になると悟りが開ける」と言ってるのですが、どういうことかというと、

 

『世間の常識や周りの目に左右されずに、本当に自分の人生の生きる道を切り開くことができる』

 

のが40歳だと言ってるんですね。

 

 

つまり40代というのは、人生を俯瞰して見れるようになり、それが自分の人生の本当の生き方を見つけるキッカケになり、そしてその見つけた生き方に向かって突き進み始める年齢なんですよ。

 

 

だから、人生やり直すなら40代は最適なタイミングなんですね。

 

 

 

具体的な「生き方」は自分で見つけるのが、遅咲き成功できる40代の人生やり直し方法

 

じゃあ、具体的にどうしていけばいいの?という話になると思うんですけど・・・。

 

 

正直に言います。

 

 

それはあなたが自分で見つけていくしかないんです。

 

ここで私が「●●やればいいですよ」と言って、そのままやったとしても、それってあなたが人生を賭けてやっていきたいことではないと思うんですよ。

 

もちろん、直接会って詳しくお話させていただければ、一緒に見つけていくこともできますけど。

 

 

でも大事なことは、自分で自分の人生を俯瞰して、そこから見えてきた「これかな?」ってやつをやってみることが一番なんですよ。

 

これは、人生俯瞰できる40代だからこそできる人生のやり直し方なんですけど、だからこそ一番いい方法なんですね。

 

 

っていう前提があった上だと、これから具体的にどうしていけばいいか?って話ができます。

 

基本的には自分で生き方を見つけてくんですけど、見つかった生き方で生きていける方法や、そもそもの「生き方の見つけ方」は具体的な方法はあります。

 

なので、最後まで読んだら、具体的に40代から人生をやり直していく道が見えるはずです。

 

 

 

40代からの人生をやり直しのコツは『失敗しても人生の終わりで後悔しない生き方』を選ぶこと

 

40代で人生をやり直していくときに、どんな人生を選んでもいいんですね。

 

パートナーや子供を改めて大切にするでもいいし、やりたい仕事で生きていくでもいいし、構成に残るような発明や知識を残すでも、本当に何でもいいと思ってます。

 

 

どんな人生を選んでもいい。

 

 

でも、その中で大切なことは

 

『失敗しても人生の終わりで後悔しない生き方を選ぶ』

 

ことだと思うんです。

 

 

たとえばどんな感じかというと・・・

 

 

「起業せずに死んだら後悔する」ことに気付いて会社を辞められた

 

これは私の話です。

 

会社員時代の私は「起業してやるぜ!」と思ってて、周りにもそんなことを言っていたんですが、なんだかんだ会社を辞めるってことにビビッて退職することができませんでした。

 

 

でも、私が高3のときに亡くなった父(←癌でした)をふと思い出したときがあったんです。

 

そのときにこう思いました。

 

「もし、自分が今のまま倒れて死んだらどう思うだろう?」

 

 

そしたら、間違いなく後悔するなって思ったんです。

 

 

仮に起業して失敗して会社員を辞めたことを後悔することになっても、起業にチャレンジしない後悔の方が何十倍も大きいはずだって。

 

 

そりゃ、人は失敗したら多少なりとも後悔するする生き物ですけど、一番デカい後悔だけは残しちゃダメだなって気付いたんです。

 

それに気付けて、会社を辞めて起業することができました。

 

 

そういえば、最近読んだマンガでも同じようなシーンがありましたね。

 

 

 

キングダム1巻「身代わりになった漂の死」

 

最近人気のマンガで「キングダム」ってのがあるんですけど、春秋戦国時代に後の始皇帝になる王様「政」と、下僕から将軍に駆け上がる主人公「信」の物語なんですね。

 

で、1巻で、信は親友の「漂」と「一緒に下僕から代将軍になるぞ!」と夢を語ってたんですけど、政の身代わりになって殺されちゃうって話があるんですけど、そのあとの政の一言が強力でした。

 

「漂は自分の夢に向かって自分の選んだ道で失敗した。それだけだ。」

 

と。

 

 

いや、王様超ドライやん!って思うんですけど、コレって結構真理だと思うんですよね。

 

 

自分の生き方を見つけたって、その生き方で必ず成功できるわけではありません。

 

それに、100%成功する生き方ってのもないです。

 

100%成功する生き方を探してたら探している間に一生が終わっちゃいます(笑)

 

 

だから、40代から人生をやり直すときに大事なのって、

 

『自分が見つけた生き方を選ぶ意志の強さを持つこと』

 

だと思うんです。

 

 

そしたら、

 

『失敗しても人生の終わりで後悔しない生き方』

 

を選んでいくことができて、結果的に成功していくことができます。

 

 

ケンタッキー・フライド・チキンのカーネルサンダースなんて、成功したの74歳ですからね。

 

それに比べたら、40代からやり直せるなんて早い方ですし、断然成功もしやすいです。

 

 

 

40代で人生俯瞰できて、生き方が見つかり、人生の再設計ができる方法

 

じゃあ、自分の生き方を見つけよう!って思っても、そんなすぐには見つからないかもしれません。

 

でも、時間もないし焦るって気持ちもわかります。

 

 

なので、人生で後悔しない生き方ってのが見つかりやすくする方法を次のページとか記事の最後に書きました。(ここまでだいぶ長くなったので)

 

それもチェックすると、自分の生き方が見つかり、40代からの人生のやり直しがうまくいくようになります。

>>>TOPページ(当サイト記事一覧)へ


無料メール講座『アンサー』|理不尽なルール・人から離れ、人生を思い通りで快適に過ごすために必要な全て

っと自由に生きていきたい!と思うものの、具体的にどうすればいいか分からない、と悩んでいませんか?

このメール講座では、

  • 将来が不明確なままでも安心感を得られるきわめて興味深い方法……
  • 自由になるには3つの要素があればいい。その3つの要素とは?
  • 最短でお金の自由が手に入る非常識だけど確実な自己投資法!

など、思い通りの人生を生きられる「不思議な力」と、豊かになれる具体的な方法をお伝えするものです。

ぜひ、あなたの人生や仕事にお役立てください。

詳しくはコチラ →




スポンサードリンク


スポンサードリンク