洗脳・マインドコントロールのやり方&解き方|洗脳を解くには2つのことだけやればいい

洗脳・マインドコントロールのやり方&解き方|洗脳を解くには2つのことだけやればいい

洗脳・マインドコントロールのやり方&解き方

洗脳・マインドコントロールのやり方&解き方

 

どーも、西村です。

 

この記事では、洗脳・マインドコントロールのやり方と解き方をお伝えします。

 

「家族・パートナーが洗脳されてしまった・・・」
「友人を洗脳から救いたい!」

 

という場合には、家族や友人の洗脳を解く方法がわかるはずです。

 

 

私はこれまで、ネットワークビジネスや新興宗教の集団と関わったことがあり、彼らの手口を内部から観察してきました。

 

実際に、友人にかけられた洗脳を解いたこともあります。

 

それらの経験も踏まえてお伝えしますので、具体的かつ即実践可能な方法を知ることができます。

 

ぜひ、このまま読み進めてみてください。

 

 

実績プロフィール

実績プロフィール

この記事を書いている時点で私は、300件以上もの悩み相談に直接お答えしてきました。その知見・経験を活かして書いたブログやメールマガジンは、ありがたいことに多くの方に参考にしていただき、やりたいことが見つかった人や悩みが解決できた人がたくさんいます。

 

 

スポンサードリンク

 

\ 大切な人が手遅れになる前に /

洗脳解除プログラム

洗脳解除プログラム

/ 手を差し伸べてあげてください \

 

 

1.洗脳・マインドコントロールされやすい人の3つのタイプ

 

まず、「こういう人は洗脳されやすい」という傾向は間違いなく存在します。

 

実際、ネットワークビジネスや新興宗教の内部に入ってみると、似たような人ばかりでした。

 

では、どんな人が洗脳・マインドコントロールされやすいのか?

 

特徴がわかると、洗脳を解く際の参考にもなります。

 

 

主に、以下の3つのタイプに分けられます。

 

  • 経験が浅い大学生や20代の社会人
  • 子育てがひと段落した40代前後の主婦
  • 職場や家庭で認められていない人

 

1つずつ詳しくみていきましょう。

 

 

1-1.経験が浅い大学生や20代の社会人

 

洗脳・マインドコントロールされやすいタイプの1つ目は、「経験が浅い大学生や20代の社会人」です。

 

年齢が若く、経験が浅い場合、良くも悪くも現実よりも「憧れ」を優先することがあります。

 

「憧れの○○さんのようになりたい!」
「自分も成功したい!」

 

という想いから、ネットワークビジネスやビジネス系の怪しいコンサルタントに飛び込んでしまうのです。

 

 

憧れだけでなく、

 

「先生や自分の親のような人生は生きたくない」

 

という想いから成功を目指すケースもありました。

 

最近はSNSであらゆる成功者を気軽に知ることができてしまうので、

 

「自分の親のようにつまらない人生ではなく、この人たちのように自分も楽しい人生を生きていきたい!」

 

と考える人も多いのです。

 

 

若さからくる勢いと純粋さがあるので、「その環境に染まるのが早い」という特徴もありますね。

 

 

 

1-2.子育てがひと段落した40代前後の主婦

 

洗脳・マインドコントロールされやすいタイプの2つ目は、「子育てがひと段落した40代前後の主婦」です。

 

特に、子育て以外に生きる目的が無かった人ほど、洗脳やマインドコントロールにハマりやすくなります。

 

ネットワークビジネス業界では、40~50代女性の割合がかなり多く感じました。

 

 

その理由としては、子育てがひと段落すると、

 

「私はこれから何を生きがいに生きていけばいいの?」

 

「あとは、もう好きでもない旦那の世話をして私の一生は終わってしまうのかしら・・・。そんなの嫌だ!」

 

という想いが湧いてくるからだと考えられます。

 

結果として、自分の生きがいや居場所を探し求め始めるので、洗脳やマインドコントロールの絶好のターゲットになるのです。

 

 

「満たされない想い」を抱えている人は、圧倒的に洗脳されやすくなっていますからね。

 

 

 

1-3.職場や家庭で認められていない人

 

洗脳・マインドコントロールされやすいタイプの3つ目は、「職場や家庭で認められていない人」です。

 

人は誰からも認めてもらえていなければ、「自分の居場所がない・・・」と感じてしまいます。

 

たとえ、真面目に仕事をしてちゃんと給料をもらっていて家族がいても、です。

 

 

こうした人に対して洗脳集団は、以下のようにささやきます。

 

「あなたの周りの人は、あなたを認めてくれないんですね。あなたはすごく頑張っているのに。私たちにはその頑張りがわかりますよ」

 

 

すると、

 

「私のことを理解してくれるなんて!ここが私の居場所かもしれない!」

 

と思って、ネットワークビジネスやスピリチュアルセミナーの集団に引き込まれて行ってしまうのです。

 

 

実際に集団の中で話を聞いてみると、現状で仕事や家庭に不満がある人だけでなく、「幼少期に親からちゃんと愛情をもらえなかった人」もかなり多い印象でした。

 

なので、「過去の心の傷」も洗脳のされやすさに影響していると考えられます。

 

 

 

以上が、「洗脳・マインドコントロールされやすい人の3つのタイプ」でした。

 

あなたの周りにいる洗脳されてしまった家族・恋人・友人に当てはまるタイプはありましたか?

 

 

もし、当てはまるタイプがあった場合には、「そういう原因があるのかー」と相手のことを理解してあげましょう。

 

洗脳された相手を理解すればするほど、洗脳は解きやすくなりますからね。

 

 

では、続いて「洗脳・マインドコントロールのやり方」をお伝えしていきます。

 

「洗脳してくる集団や教祖の手段を知らずに洗脳を解くのは不可能」

 

と言えるほど、洗脳集団や教祖の手口を知ることは重要です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

2.洗脳・マインドコントロールのやり方とは?|洗脳を解くには相手の手口を知るべし!

 

この章では、洗脳・マインドコントロールのやり方を徹底解説します。

 

敵のやり方を知らなければ、家族・恋人・友人の洗脳を解くことはできません。

 

たとえば、結ばれているひもがどう結ばれているかもわからずに、その結びをほどくのは至難の業です。

 

適当に引っ張ってしまい、余計にほどけなくなった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

ですが、結び方がわかればほどきやすくなりますよね。

 

同じように、洗脳・マインドコントロールも、やり方がわかれば解きやすくもなるのです。

 

 

洗脳のやり方は数多くありますが、主には以下の7つです。

 

  • 環境や過去を否定し、恐怖を煽る
  • 「魔法のアイテム」を用意し、成功した未来を語る
  • 思想や行動基準を繰り返し伝える
  • 相手の自己重要感を満たしてあげる
  • 相手が決まった結論を出すための「教育」を行う
  • 家族や友人と引き離す(帰る場所をなくす)
  • 自己判断能力を喪失させる

 

1つずつ詳しくみていきます。

 

 

2-1.環境や過去を否定し、恐怖を煽る

 

洗脳・マインドコントロールのやり方の1つ目は、「環境や過去を否定し、恐怖を煽ること」です。

 

 

具体的には、以下のようなことを言われます。

 

「日本はもう経済的にオワコン。このままだと貧乏まっしぐら」

 

「スーパーで売ってるものを食べるなんて、毒を食べるようなもの」

 

「薬なんて飲んだらもっと身体が壊れていく。絶対飲むな」

 

このようなことを言われたときに、今までの自分が当てはまると「マズい・・・」と恐怖や焦りを感じてしまうんです。

 

(ちなみに、洗脳してくる人は、ほぼ全員に当てはまる話をするので、もれなくその場にいる全員が恐怖を煽られることになります)

 

 

人は強い恐怖を感じると、以下のように反応に。

 

  • 判断力が低下する
  • 恐怖から逃れたくなる

 

 

その結果、

 

「恐怖から逃れるために、何かしなくては!」

 

と、判断力が低下した状態で何かを決断しようとしてしまうのです。

 

 

当然、その「何か」は、洗脳集団が誘導したい「何か」なので、あらかじめ決まっているのですが。

 

じゃあ、その何かとは?

 

 

2-2.「魔法のアイテム」を用意し、成功した未来を語る

 

洗脳・マインドコントロールのやり方の2つ目は、「魔法のアイテム」を用意し、成功した未来を語ることです。

 

 

さんざん恐怖心を煽り、焦りから来る行動意欲を高めたら、洗脳者は次にこんなことを言います。

 

「(恐怖心を煽る)。でも、ここにいるあなたは大丈夫です。私が用意した「魔法のアイテム」を使えば、あなたは成功できます!」

 

と。

 

ここで言う「魔法のアイテム」は、

 

  • ネットワークビジネスなら「商品」や「ビジネスの仕組み」
  • 新興宗教やカルト教団なら「教え」や「信仰」・「思想」
  • スピリチュアルセミナーや自己啓発セミナーなら「マインド」や「考え方」
  • ビジネスセミナーなら「ビジネスノウハウ」

 

が多いですね。

 

 

もちろん、実際にはこんなにわかりやすい誘導ではありません。

 

わかりやすい誘導レベルなら、普通のテレビCMでも企業がこのパターンでやっています。

 

たとえば、「冬に乾燥肌を放置すると肌がボロボロに。このクリームを使えば保湿機能がアップして~」みたいな。

 

ちゃんと、事実ベースでやるなら問題はありません。

 

 

ですが、洗脳の場合は、恐怖を煽るところからすごーく巧みな話術で、真実の中にウソをちりばめ、うまーく洗脳していきます。

 

なので、誘導されるときにはすでに判断力が大幅に低下しており、多くの人が洗脳者が語る内容を信じてしまうのです。

 

「自分は貧乏になったり不健康になったりしたくない」
「この人が教えてくれることをやれば、自分は救われるんだ!」

 

などと言うように。

 

 

恐ろしいですね・・・

 

 

洗脳・マインドコントロールはここまでが第一段階です。

 

ここまでで洗脳されなかった場合は洗脳されずに終わりますが、少しでも洗脳されていると、ここからさらにどっぷりと沼に嵌められていきます。

 

 

2-3.思想や行動基準を繰り返し伝える

 

洗脳・マインドコントロールのやり方の3つ目は、「思想や行動基準を繰り返し伝えること」です。

 

セミナーに通ったり、メンバーに会うことによって、洗脳集団やカルト教団の思想や行動基準を何度も何度も刷り込まれていきます。

 

脳は繰り返し触れる内容に親密感を持ち、それを信じるようになっているので、繰り返される刷り込みには抵抗できません。

 

なので、無意識に思想や行動基準がインストールされてしまうのです。

 

その結果、人生観や世界観、人間観までもが書き換えられてしまいます。

 

 

2-4.相手の自己重要感を満たしてあげる

 

洗脳・マインドコントロールのやり方の4つ目は、「相手の自己重要感を満たしてあげること」です。

 

具体的には以下のようなことを言われます。

 

「多くの人が気づいていない教えを学べるあなたは特別だ」
「あなたはこれまで頑張ってきた。あなたが報われないのは世の中や周りのせいだ」
「周りの人が怪しいと思うことを真剣に学べるのは、優秀である証拠だ」

 

 

人は誰かに認められると、承認欲求が満たされて嬉しくなります。

 

人によっては、「こんなに自分が認めてもらえるなら、ここが自分の居場所なんだ!」と思う人もいるでしょう。

 

 

すると、普段の生活で満たされない想いを抱えている人は、自ら進んでセミナーや集会に出向くようになるのです。

 

当然、自分を認めてくれる相手(洗脳者)の話はよく聞くようになるので、さらに「教え」を盲信するようになっていきます。

 

 

2-5.相手が決まった結論を出すための「教育」を行う

 

洗脳・マインドコントロールのやり方の5つ目は、「相手が決まった結論を出すための「教育」を行うこと」です。

 

「教育」には、誘導・脅しなどがあります。

 

 

たとえば、私が行ったとある新興宗教の集まりでは、

 

「私たちの仕事は全て特別なものです。だから、たとえおにぎりを握るだけの仕事であっても、こちらからお誘いした人でなければ手伝えません」

 

という感じで、ことあるごとに

 

「私たちのやっていることは特別な人(その集団の誰かが認めた人)じゃないとできない」

 

という教育を行っていました。

 

 

こういう教育を行っていると、洗脳される側は「その仕事を任されることが名誉であり、嬉しいこと」と考えるようになります。

 

すると、誘ってもらえるだけで特別感が煽られ嬉しくなるので、報酬など1円もなくても仕事を受けてしまうのです。

 

その結果、タダ働きや不当に報酬が低い仕事で、労働力の搾取が行われていました。

 

 

他にも、集団や教祖の「教え」に背くと、無視されたり、仲間外れにされたり、酷い場合には罵声や暴力を浴びせられたりすると教えられ、それらが怖くて言いなりになる、というケースもあります。

 

 

 

2-6.家族や友人と引き離す(帰る場所をなくす)

 

洗脳・マインドコントロールのやり方の6つ目は、「家族や友人と引き離す(帰る場所をなくす)こと」です。

 

 

直接的に集団や教祖が手を下すわけではありません。

 

 

集団や教祖は、こんなことを言います。

 

「あなたの考えを否定したり、あなたのやりたいことを邪魔したりする人間は、敵だから離れた方がいい」

 

 

洗脳される側は、もうこの時点ですでにある程度洗脳されています。

 

なので、「あなたの考え≒集団や教祖の考え」だし、「あなたのやりたいこと=集団や教祖の教えに沿った行動」になっているんですね。

 

 

当然、周りの家族や友人は正常ですから、おかしな行動には反対します。

 

すると、

 

「私の考えや行動を理解してくれないなんて、家族や友人ですら私の敵なんだ!私の味方は教祖や集団の仲間だけなんだ!」

 

と考えてしまい、家族や友人と自ら決別するのです。

 

 

その結果、人間関係も情報源も教祖や集団の仲間のみとなり、ますますその集団の教えに染まっていくことに。

 

しかも、その集団を離れると友人が誰ひとりいない状態なので、孤独が怖く、集団から離れられなくもなってしまうのです。

 

 

こうして、集団から出ていかず、洗脳させ続けられる人間が増えていきます。

 

 

2-7.自己判断能力を喪失させる

 

洗脳・マインドコントロールのやり方の7つ目は、「自己判断能力を喪失させること」です。

 

具体的には以下のようなことを行います。

 

  • 大量の仕事・勉強をさせ、睡眠時間を短くする
  • 栄養バランスを崩し、体調不良を引き起こす
  • 「教祖のマネさえすればいい」と洗脳する

 

自分で考える力がなくなれば、教祖の教えや集団に対して疑問を感じることはありません。

 

教えを常に盲信し、操り人形のような従順な信者が出来上がります。

 

 

 

以上が「洗脳・マインドコントロールのやり方7つ」でした。

 

集団や教祖は、これら7つの方法を何度も繰り返し行うことで、信者や信者候補者を洗脳していきます。

 

ですから、家族・恋人・友人の洗脳を解くには、洗脳のやり方の逆をやっていくしかありません。

 

 

では、ここからは具体的に洗脳を解いていきます。

 

ただし、洗脳を解く前に、1つ理解しておかなければいけないことがあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

3.家族や恋人・友人が洗脳されると失ってしまうモノ

 

洗脳を解くのが難しい理由の1つに、「洗脳されると多くのものを失ってしまう」ことがあります。

 

たとえば、

 

  • お金
  • 人間関係
  • 仕事
  • 健康

 

などなど。

 

借金をしてまで高額な商品やセミナーにお金を使ったり、自分を否定する人とは縁を切ったり・・・

 

 

人生において必要不可欠なものがもう自分の手にはない。

 

なので、もう後に引けなくなっているのです。

 

 

その時点で本来はおかしいはずなのですが・・・

 

洗脳されてしまっていると、ちょっとおかしかったとしても、

 

「教祖や集団の言う通りにしていれば、承認や安心が得られるし、孤独にもならないし・・・」

 

などと思ってしまうのです。

 

 

場合によっては、

 

「なんか自分でもちょっとおかしいと思ってる。だけど、今さら家族や友人に謝ったって許してもらえるわけがないし・・・」

 

と思っているケースもあります。

 

 

こうした「洗脳されている人の不安」が理解できていると、家族・恋人・友人の洗脳が解きやすくなります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

4.洗脳・マインドコントロールの解き方|2ステップで全て解決

 

この章では、「洗脳・マインドコントロールの解き方」を徹底解説していきます。

 

洗脳を解くのは難しいと言われますが、やるべきことはシンプルです。

 

以下の2つのステップで、洗脳を解くことができます。

 

  • 集団や教祖に対する疑念を生む
  • 戻れる場所を作る

 

それぞれ具体的な方法も交えて詳しくお伝えします。

 

 

4-1.集団や教祖に対する疑念を生む

 

洗脳・マインドコントロールを解くために最初にすべきことは、「洗脳された人が自ら集団や教祖に疑念を抱くようにすること」です。

 

 

普段から人は、誰かに意見を押し付けられることを嫌います。

 

たとえば、料理をしているときに、失敗したわけでもないのに、

 

「炒めるときはもっとこうした方がいい」
「盛り付けはもうちょっとこうしないと」

 

などと横から言われたらウザいですよね(笑)。

 

 

しかも洗脳されている人は、「あなたを否定する人は敵だ」と洗脳されているので、押し付けられたら普通以上に反発してしまいます。

 

 

なので、集団や教祖に対して、自ら「おかしい!」と気づくようにしなければなりません。

 

 

集団や教祖に対して「おかしい!」と気づかせるには、以下の3つの方法が有効です。

 

  • 質問
  • 話を聞く
  • 待つ

 

 

4-1-1.質問

 

集団や教祖に対して疑念が生まれるような適切な「質問」をすることで、「おかしい」と気づかせることができます。

 

 

たとえば、経済的に成功するためにネットワークビジネスにのめり込んでいる人の場合には、

 

「どのくらいの割合で成功できるの?」

 

という質問が効果的であるケースが多いです。

 

冷静に成功確率を考えるようになるからですね。

 

 

すでにデータによって、年間1000万円以上稼ぐ人の割合は、

 

  • 日本人全体(給与):4.7%
  • ネットワークビジネスの大手アムウェイ:0.7%

 

ということがわかっています。(参考:民間給与実態統計調査(国税庁)【根拠あり】マルチ商法で成功者になれる確率は0.02%です

 

つまり、年収1000万円以上を目指すなら、ネットワークビジネスにのめり込むよりも、会社員としてスキルアップしながら転職してキャリアアップ&年収アップした方が確実、ということ。

 

 

こういうことを自分で調べたら、

 

「成功のためにネットワークビジネスをやるのは間違いではないか?」

 

と思うようになるワケです。

 

 

ですが、決して、

 

「本当に成功できるの?」
「成功している人なんているの?」

 

という質問はしてはいけません。

 

 

ネットワークビジネスに限らず、どの集団にも少数ですが成功者はいます。

 

なので、上記の質問をすると、「こういう風に成功している人が近くにいるし!」と反発が来ちゃいます(笑)。

 

 

そのため、いるか・いないかの二択ではなく、「割合」「量」「具体的な内容」にフォーカスをあてて質問をするのがコツですね。

 

具体的には、以下のパターンが考えられます。

 

  • どういうルートで参加した人がうまくいってるの?
  • これまで参加して良かったことと悪かったことは何?
  • ○○さん(相手の名前)は何を目指しているの?
  • どのくらいの人が成功して、どのくらいの人が失敗したの?

 

他にも、家族・恋人・友人を洗脳している集団や教祖の情報を集めて、適切な質問をいくつもしていけると良いでしょう。

 

 

質問によって仮に本人の中で疑問が生じても、あなたに相談をしてこないかもしれません。

 

それでも全然OKです。

 

本人の中で疑問の芽が育っていけば、いずれは「もう辞めよう」と決断する時が来ます。

 

 

4-1-2.話を聞く

 

集団や教祖に対して疑念を持たせるには、ただただ「話を聞く」という方法も効果的です。

 

人は自分が話しているときに、うまく説明ができず矛盾に気づく、ということがあります。

 

矛盾に気づいたら、「なんかおかしいかも?」と疑うキッカケができるわけですね。

 

話を聞きながらたまに「質問」も振っていくと、さらに疑念を生む効果は高まるでしょう。

 

 

4-1-3.待つ

 

シンプルに「本人が疑問を感じるまで待つ」というのも、集団や教祖に対して疑念を持たせる方法の1つです。

 

  • 高額な商品やセミナーでお金を使い果たしたり、
  • 集団以外の人間関係がなくなり孤独感を感じたり、
  • 頑張ってるのに人生が変わっていない(むしろ悪くなってる)ことに冷静に気づいたり、

 

集団や教祖に対して「おかしい」と思うタイミングは意外にも多くあります。

 

「失って気づく」というやつですね。

 

 

第3章でも述べたように、

 

「ちょっとおかしいと思っているけど、他に自分の居場所がないからしぶしぶ洗脳集団に居続ける」

 

というパターンもソコソコあります。

 

なので、「戻れる場所を作っておいて待つ」という戦略であれば、本人が疑問を感じたときに集団から脱却できるのです。

 

(ですから、戻れる場所を作らずに待っているだけなのは、ただの愚策です)

 

 

スポンサードリンク

 

 

4-2.戻れる場所を作る

 

洗脳・マインドコントロールを解くために2つ目のステップですべきことは、「戻れる場所を作ること」です。

 

洗脳された人は、お金・人間関係・居場所など、すでに多くのものを失っています。

 

 

家族や友人をお金を見るような扱いで勧誘したり、自分から縁を切ったり、家族に黙って借金をしてしまったり・・・

 

後悔と罪悪感でいっぱい。

 

 

だけど、人は素直に謝るのが苦手な生き物です。

 

謝っても許してもらえないがの怖い。

 

集団を抜けて、家族や友人にも許してもらえなかったら、ひとりになってしまう・・・

 

そうなるのが怖くて、疑問を感じても集団や教祖から離れることができない人がたくさんいます。

 

 

ですが、「戻れる場所」があれば話は別です。

 

洗脳された人が、「集団や教祖から離れても、自分を大事にしてくれる場所がある」と思えていたら、そこに帰ることができます。

 

なので、

 

『集団や教祖に疑問を感じたときに戻れる場所を作っておく』

 

ことは、洗脳を解くために非常に重要なのです。

 

 

戻れる場所を作るには、具体的に以下のようなことをします。

 

  • 人間関係を修復する
  • 頑張りを認めてあげる
  • これまでの失敗・迷惑を許してあげる

 

 

4-2-1.人間関係を修復する

 

喧嘩をしていたり、長年ギスギスしていたりする場合には、まずは仲直りしましょう。

 

家族や友人の集まりの場が、洗脳された本人にとって「居てもいい場所」になることが重要です。

 

 

4-2-2.頑張りを認めてあげる

 

居場所を作るには、「相手の頑張りを認めてあげる」ことも重要です。

 

単純に家族や友人がいるから居場所になるワケではなく、「自分が認められている」と感じるからこそ、人はそこを自分の居場所だと感じます。

 

家族であれば、普段家事や料理をしてくれることだったり、働いてお金を稼いできてくれることだったりに感謝を示すといいですね。

 

友人であれば、「あなたがいるから私は楽しいんだよ」みたいなことを伝えたりすると良いでしょう。

 

 

4-2-3.これまでの失敗・迷惑を許してあげる

 

これまでの失敗・迷惑を許してあげることも、戻れる場所を作る強力な方法です。

 

洗脳された人は、かけてしまった迷惑を「許してもらえないかもしれない」という恐怖や不安を感じています。

 

許してあげることで、その恐怖や不安を消し去るのです。

 

失敗や迷惑が許してもらえるとわかると、人は安心感を感じるようになります。

 

その安心感が「ここは自分の居場所だ」と感じる元になるのです。

 

 

 

以上が「洗脳・マインドコントロールの解き方2ステップ」でした。

 

  • 集団や教祖に対する疑念を生む
  • 戻れる場所を作る

 

この2つをちゃんとやれば、洗脳を解いていくことができます。

 

 

あとは、洗脳を解く際に「これだけはやってはいけない!」ということをやらないようにするだけです。

 

いくら洗脳を解く方法を知っていても、やってはいけないことをやると洗脳解除は失敗します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

5.絶対にやらないでください!やると洗脳解除に失敗する3つの方法

 

一般的に洗脳を解くのが難しいと言われる原因は、「やってはいけないことをやっているから」です。

 

逆に言えば、失敗することをやらなければ、洗脳を解ける可能性は大幅に上がります。

 

洗脳を解く際に、やってはいけないことは主に以下の3つです。

 

  • 相手を否定する
  • 無理やり引き離そうとする
  • 自分の感情をぶつける

 

 

5-1.相手を否定する

 

洗脳を解くときに、「相手の否定」は絶対にやってはいけません。

 

  • 人は根本的に誰かに否定されるのを嫌う
  • 集団や教祖から「否定してくる人は敵」と洗脳されている

 

こうした背景があるので、集団や教祖を否定したとしてもまともに話を聞いてもらえないからです。

 

同様に「説得」も効果がありません。

 

 

5-2.無理やり引き離そうとする

 

集団や教祖から無理やり引き離すこともやめておいた方が良いでしょう。

 

洗脳を解く方法として「セミナーなどに絶対に行かせないようにする」と書いているサイトなどもありますが、私は反対です。

 

人間心理として、人は誰かに禁止されると余計にやりたくなってしまう習性があります。

 

なので、セミナーに行くのを禁止されると、なんとかしてセミナーに参加しようとしたり、仲間からセミナーの内容を後から聞いたり、してしまうんです。

 

これでは、洗脳を解くことはできません。

 

 

もし、セミナーに行くのを止めたいのなら、集団や教祖に疑念を感じ始めたタイミングで、

 

「試しに1か月くらい、セミナーに行かずに過ごしてみたら?」

 

という提案をするくらいが良いかと思います。

 

 

5-3.自分の感情をぶつける

 

洗脳を解く際に、自分の感情を相手にぶつけるのは絶対にNGです。

 

たとえば、

 

「なんでそんなことやってるのよ!」
「家族が洗脳されてるなんて、私は嫌!」
「お金が無くなって困ったらどうするの?!」

 

というように。

 

 

自分の感情をぶつけたところで、相手は、「やっぱり私のことをわかってくれようとはしないのね」と思うだけです。

 

下手をすると、「私をわかってくれるのは、やっぱり教祖や集団の仲間だけだわ」と、集団や教祖によりコミットしてしまう可能性すらあります。

 

そうなったらさすがにヤバいですよね。

 

 

可能性として、もしかしたら、お金の不安や家族に嫌われる恐怖によって洗脳集団や教祖から離れてくれるかもしれません。

 

ですが、それって結局は洗脳集団や教祖よりも強い恐怖や不安で相手をマインドコントロールしていることになってしまいます。

 

 

本人は納得していないので、また別の洗脳にやられてしまう可能性は残されたままになってしまうでしょう。

 

 

 

以上が「絶対にやらないでください!やると洗脳解除に失敗する3つの方法」でした。

 

この3つのことをやらないようにすれば、洗脳を解ける可能性は間違いなく上がります。

 

 

なお、さらに洗脳解除について詳しく解説したページもあるので、気になる場合はこちらも併せて読んでみてください↓↓

 

 

\ 大切な人が手遅れになる前に /

洗脳解除プログラム

洗脳解除プログラム

/ 手を差し伸べてあげてください \

 

 

まとめ

 

今回の記事「洗脳・マインドコントロールのやり方&解き方|洗脳を解くには2つのことだけやればいい」では、

 

  • 洗脳・マインドコントロールされやすい人の3つのタイプ
  • 洗脳・マインドコントロールのやり方とは?
  • 家族や恋人・友人が洗脳されると失ってしまうモノ
  • 洗脳・マインドコントロールの解き方|2ステップで全て解決
  • やると洗脳解除に失敗する3つの方法

 

をお伝えしました。

 

 

洗脳は基本的に、

 

  • 集団や教祖に対する疑念を生む
  • 戻れる場所を作る

 

の2つを徹底して行えば、解いていくことができます。

 

 

一般的に洗脳を解くのは難しいと言われますが、やることはシンプルでいいのです。

 

私のここに書いた方法で31人以上の友人を洗脳から救うことができました。

 

私の方法で、家族・恋人・友人の洗脳を解くことができた人もたくさんいます。

 

 

さらに詳しい内容は、次のページでも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました!

 

 

【次ページ:31人もの友人を洗脳から助けた「洗脳解除プログラム」を今だけ公開しています】

 

1 |

 

 

スポンサードリンク

この記事を書いた人

―西村敏(にしむらさとし)―

西村敏

西村敏


1986年生まれ、長野県出身、宮城県在住。
株式会社ジャストコネクションズ代表取締役。

2011年から副業でブログを開始。ブログ歴は10年。
独立後はコンサル業・通信講座事業も開始。得意の言語化力を活かし、多くの顧客の言語化力・説明力・文章力アップ、起業・副業による収入アップ、やりたいこと発見などをサポート。
2018年9月には法人化。

10年前から「自分のやりたいことで生きる」を実践。

今までの経験を通して、沢山の方の夢や目標を応援することが出来て、とても充実した日々を送れています。

私のプロフィール詳細はこちら↓↓
>>家庭崩壊、父の死、いじめ、裏切り、失敗を乗り越えた先で見つけたもの

お仕事の依頼はこちらから↓↓
>>サービス・仕事の依頼について

西村敏のコンテンツ一覧


DISCOVERYメソッド (期間限定で無料公開中)

Discoveryメソッド

Discoveryメソッド

5秒で登録完了。配信解除はいつでも可能です。


「自分のことがわからない」「これからどう生きていけばいいかわからない」「嫌なことばかりで人生が楽しくない」などといった悩みを一気に解決する新しいメソッドです。


ライタースキル大百科

ライタースキル大百科

ライタースキル大百科


稼げるライターになるための方法を具体的にお伝えしている通信講座です。

在宅で手堅く稼ぐことができ、月数万円の副収入レベルから、月30万円~50万円の独立レベルまで目指すことが可能。

→ 詳しい内容を見てみてる

返金保証付きです



言語化力サロン

言語化力サロン

言語化力サロン


上司への報告や会議でのプレゼン、資料作成といった場面でわかりやすい説明ができるようになるための「言語化力」を一緒に磨いていくWebコミュニティです。

上司や同僚から「あなたの話は分かりにくい」と言われ悩んでいた人が、たった1・2か月で言語化力・説明力アップの効果を感じており、ありがたいことに参加した人からは「いい意味で期待を裏切られました」と絶賛いただいております。

→ 詳しい内容を見てみてる

試しに1か月だけ参加してみる、のも可能



ゼロから始めるブログ集客

ゼロブロ

ゼロブロ


アフィリエイトで稼ぎたい、ネットで集客したい、という人向けに、ブログで集客する方法をゼロからお伝えする通信講座です。

初心者向けにブログの立ち上げ方法をイチから動画で解説するだけでなく、参加費30万円で開催したブログ集客講座の内容を盛り込み、ブログで集客するために必要なすべての知識を動画でお伝えしています。

今までブログがうまくいかなかったり、途中で挫折してしまったりしてきた人たちからは、「今まで何度も挫折したけど、この講座のおかげでブログを立ち上げて稼ぐところまでいけた!」「ブログで集客して自分の講座を開催するところまでいけた」という感想が届いており、大変好評です。

→ 詳しい内容を見てみてる

180日間のモチベアップメルマガ付き

スポンサードリンク