返報性の原理とは?|意味と事例を徹底解説!分野は社会心理学だよ

返報性の原理とは?|意味と事例を徹底解説!分野は社会心理学だよ

返報性の原理|意味と事例を解説

 

どーも、西村です。

 

 

この記事では、

 

「返報性の原理とはどんなもの?」
「返報性の原理って本当に効果があるの?」

 

という疑問にお答えします。

 

 

 

\ 参加しなくていいんですか?! /

Discoveryオープンコース

→ 無料で参加する

10秒で登録完了。配信解除はいつでも可能です。

 

 

返報性の原理とは?|意味

 

返報性の原理とは、人から何かしら施しを受けたときに、「何かお返しをしないと」という心理になる作用のことです。

 

たとえば、友人にご飯をごちそうになったときに、「次は私が友人にご飯をおごってあげよう」という気持ちになることがあります。

 

コレが返報性が働いた状態です。

 

 

 

返報性の原理4種類

 

返報性の原理には、以下の4つの種類があります。

 

  • 好意の返報性:相手から受けた好意に対して、好意で返したくなる
  • 敵意の返報性:相手から受けた敵意に対して、敵意で返したくなる
  • 譲歩の返報性:相手が譲歩したら、自分も譲歩してあげたくなる
  • 自己開示の返報性:相手が自己開示したら、自分も自己開示したくなる

 

返報性の原理は、必ずしも「好意」だけが作用するわけではありません。

 

「敵意」でも作用してしまいます。

 

 

なので、普段から周りに「好意」を向けている人は周りの人から「好意」を向けてもらえるし、周りに「敵意」を向けている人は周りの人から「敵意」を向けられるようになります。

 

 

 

返報性の原理は本当に効果があるの?

 

返報性の効果を実験した論文は、1971年に心理学者のデニス・リーガン氏によるものが有名です。

 

実験の内容は以下です。

 

  • スタンフォード大学の男子学生81人を対象
  • 「美術鑑賞をする」という目的で集まってもらう
  • 休憩室で、被験者、仕掛人、仕掛人の助手が一緒になる
  • 仕掛け人もしくは助手からコーラを奢られる被験者とコーラをもらわない被験者に分けられる
  • 被験者の帰り際、仕掛け人が被験者に「抽選で景品が当たるチケット」を買ってくれないかと持ち掛ける
  • どのくらいの人がチケットを買うかをテスト

 

この実験の結果、コーラを奢ってもらった人はコーラをもらわなかった人の1.9倍も多くチケットを購入したそうです。

 

被験者は、コーラを奢ってもらった恩を返そうとしました。

 

つまり、返報性の原理は実際に効果があるということです。

 

 

 

返報性の原理が働かない場合

 

私はこれまで、1万人以上を相手にビジネスをしてきました。

 

その中で返報性の原理を何度も試したことがあります。

 

その経験からわかったことは、自分が相手に何らかの施しをしたとしても、相手がその施しを「好意」に感じなければ何も返ってこないということです。

 

 

返報性の原理はあくまで、施しを受けた側が「好意」と感じることによって、その人の中に「お返ししなきゃ」という心理が作用すること。

 

施しを与える側がどれだけ与えたかが重要なわけではありません。

 

 

なので、返報性の原理の効果がない場合は、行った施しで相手に好意を感じてもらえていない可能性が高いです。

 

もし、返報性の原理をうまく使いたいなら、「相手が好意と感じてくれること」を行うことが大切ですね。

 

 

なお、相手が「そもそもお返しする気がない(一方的に受け取る気マンマン)タイプ」の場合は、返報性の原理が働かないので注意しましょう。

 

 

 

返報性の原理は「社会心理学」で学ぶ

 

返報性の原理の分野は、心理学の中でも「社会心理学」という分野です。

 

返報性の原理は、社会心理学者のロバート・B・チャルディーニ氏が書いた『影響力の武器』という本で紹介され、瞬く間に有名になりました。

 

そのため、詳しく学びたい場合は、『影響力の武器』を読むことをオススメします。

 

 

 

返報性の原理の事例|タクシーの運転手にやられました

 

最後に、私に返報性の原理が働いた具体的な事例を紹介します。

 

この事例を読めば、返報性の原理を具体的にどう使えばいいかがわかります。

 

 

 

大型タクシーの運転手にドアを開けられて思わず・・・

 

あるとき、コンサル生と飲んだ後の話です。

 

飲み会も終わり、んじゃ帰ろうかと思ってタクシー乗り場に向かいました。

 

すると、普段は見慣れない黒いタクシーが先頭に停まっていたんです。

 

パッと見ると『大型』と書いてありました。

 

 

(なんか高そう・・・)

 

そう思って窓に書いてある値段を見ると、初乗りの値段が普通より少し高くて、加算していく値段はもはや書いてない。

 

 

(よし、後ろのいつものに乗ろう!)

 

そう思った瞬間・・・

 

『さぁ!どうぞどうぞ!』と言わんばかりに、大型タクシーの運転手さんが運転席から降りてきて、わざわざドアを開けてくれました。

 

 

(やべぇ、乗るしかねぇ~)

 

と感じた私は、そのまま吸い込まれるように、初めて大型タクシーに乗りました。

 

 

乗ってみると、いつものタクシーに比べて、シートは少し柔らかくてフワフワだし、足元は広いし、かなり快適な乗り心地。

 

 

そんな中でリラックスしつつスマホでメールを読んでいた私は

 

(ヤバい・・・いったいいくらかかるんだろう?(汗))

 

と内心ドキドキしながらも、こんなことを考えていました。

 

 

 

わかっていても避けられなかった「返報性の原理」

 

(いや~、『返報性の原理』って強烈ぅ~!)

 

私が大型タクシーに乗ってしまったのも、完全に『返報性の原理』が働いたからです。

 

先にドアを開けてもらったから(あっ、乗らないと!)と反射的に思ってしまったんです。

 

 

いくら私が酔っ払っていたとはいえ、一応「影響力の武器」を読んで『返報性の原則』のことは知っていたし、ビジネスや恋愛で使ってみたこともありました。

 

それでも、瞬間的に見抜けず、ドアを開けてもらった私は吸い込まれるようにタクシーに乗ってしまったんです。

 

 

その結果、いつもの小型タクシーなら2,500円くらいで家まで帰れるのに、大型タクシーでは4,200円も掛かってしまいました。

 

さすがに高い!(笑)

 

 

こんな風に『返報性の法則』をうまく使えば、相手に商品やサービスを購入して貰えたり、普段の生活で頼みごとを聞いてもらいやすくなります。

 

だって、大型タクシーに乗る前に高いってわかっていたのに、乗っちゃう人がいるくらいですからね(笑)

 

相手が高いって思っていても、買わせる力が『返報性の法則』にはあります。

 

 

返報性の原理はかなり強力で悪用も簡単にできてしまうので、「うっしっし、コイツに買わせるために、適当なもの提供してやるぜ~(ニヤニヤ)」なんて感じで悪用したら絶対ダメですからね!

 

 

 

自分が先に与えれば、返報性の原理は自然と働く

 

「返報性の原理」を勉強する前の私は、周りの人が自分のために動くのが当たり前だと思ってました。

 

例えば飲み会や合コンだと、誰かに幹事をやらせ、その幹事が全員を(というか私を)楽しませるべきだ!と思っていたんです。

 

いや~、今思い返すと最低ですねw

 

 

でも、「返報性の法則」を学び、『自分が周りを楽しませた方が得!』とわかってからは自分が先に与えるようになりました。

 

 

飲み会や合コンで幹事も積極的にやりましたね。

 

すると周りから「ありがとう!またやって!」と感謝されたり、「西村のおかげでの楽しかった!」と言ってもらったりして、その上、自分が一番モテるようになりました(笑)

 

恋愛以外でも「この人と仲良くなりたい!」と思った人には、メチャクチャ丁寧に接したり、メールを送ったり、できる限りその人の商品やサービスを買ったりしました。

 

すると結構な確率で仲良くなれたんです。

 

 

こんな感じで、人間関係では『返報性の法則』を意識して”自分から先に提供する”と、ご縁やお金が返ってきて自分がさらに豊かになっていけます。

 

 

\ 参加しなくていいんですか?! /

Discoveryオープンコース

→ 無料で参加する

10秒で登録完了。配信解除はいつでも可能です。

 

 

まとめ

 

返報性の原理とは、人から何かしら施しを受けたときに、「何かお返しをしないと」という心理になる作用のことです。

 

返報性の原理には、以下の4つの種類があります。

 

  • 好意の返報性:相手から受けた好意に対して、好意で返したくなる
  • 敵意の返報性:相手から受けた敵意に対して、敵意で返したくなる
  • 譲歩の返報性:相手が譲歩したら、自分も譲歩してあげたくなる
  • 自己開示の返報性:相手が自己開示したら、自分も自己開示したくなる

 

すでに実験でも返報性の原理の効果は確認されています。

 

うまく使いこなせるようになりたい場合は、この記事を参考に普段から「自分から与える」ことを意識してみてください。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。



【次ページ:自分のやりたいことを発見するための音声と電子書籍をプレゼント中!(完全無料)】


1 |


この記事を書いた人

―西村敏(にしむらさとし)―
株式会社ジャストコネクションズ代表取締役。

西村敏


安定と高給の一部上場企業正社員を辞め、起業。多くの失敗を経て、年商1億円のセミナー講師とコラボ企画を開催し、高いステージを経験。

現在は、ライター、メディア運営サポート、セミナーを行いながら、ネットで稼ぎたい人、ネットで集客したい人、より良い人生を歩みたい人のサポートをしています。

私のプロフィール詳細はこちら↓↓
>>女の子を全力グーパンチしていじめをピタッと止めた話

2020年3月にTHE ROOTSの取材を受けました↓↓
>>西村敏の仕事のルーツ

お仕事の依頼はこちらから↓↓
>>サービス・仕事の依頼について

\ 人生に真剣に向き合いたい人へ /

やりたいことを発見する企画

Discoveryオープンコース

→ 無料で参加する

5秒で登録完了。配信解除はいつでも可能です。


ここまでお読みくださりありがとうございます!

このブログ「DISCOVERY(ディスカバリー)」は、

  • やりたいことを見つけたい!
  • 今の自分の交友では知ることの無い話や情報を聞きたい!
  • 今の自分を変えて、もっと人生を良くしていきたい!

と心から思う仲間のために作りました。

一度コツを掴めば、自分を変えるのはそれほど難しいことではありません。

自分のやりたいことを心から楽しんで、経済的な成功も精神的な幸福感も手に入れて、「人生ってこんなに面白いものだったんだ!最高!」といつも明るく笑ってキラキラ輝いている人が増えたらいいな、と思って日々ブログやYoutubeを更新しています。

そこでただいま、やりたいことを見つけたい人へのプレゼント企画を開催しています

LINE相談


すでに参加した方からは、こんな感想が届いています!(一例です)

「音声を聞いているだけでとても前向きになれました。中身が濃いとこんなに変わるんだなとちょっとびっくりしています。」

「音声を聞いて目頭が熱くなり、思わずメッセージを送らせていただいています。1日をスタートするマインドセットが変わり、本当に自分の魂が欲している事が、見つけられる気がしています。」

「本当に毎日様々な角度から伝えて下さるので分かりやすく興味が尽きることがありません。音声の長さもメルマガの長さも私には丁度良く聴きやすく読みやすいです。」

もっと人生を充実させたい!と思うにもかかわらず、自分のやりたいことがわからないまま、日々の仕事や家事に追われ、何も変わらない日々を過ごし続けるのは、時間がもったいないです。

本当ならその時間を、自分の好きなことや家族や大事な人を喜ばせるために使いたくないですか?

やりたいことを1日でも早く見つけられれば、悩む時間が劇的に減り、時間を有意義に使うことができます。

そのやりたいことの見つけ方を、たった10日間でお伝えするのが『Discovery』です。

普通の人が何年もかけて見つけることが10日間で見つかるとっておきの方法を公開しています。

やりたいことを見失ってしまったときには、いつでも使える一生モノのノウハウです。

ぜひ参加して、あなたが心から望んでいることを”発見”してください↓↓

\ ご参加、お待ちしています /

→ 無料で参加する

5秒で登録完了。配信解除はいつでも可能です。

スポンサードリンク