目標を紙に書くと実現するのは本当!書き方&スマホを使う方法を紹介

目標を紙に書くと実現するのは本当!書き方&スマホを使う方法を紹介

目標を紙に書くと実現する

目標を紙に書くと実現する

 

目標を紙に書くと実現するのは本当です。

 

ハーバード大学やドミニカン大学が研究でその効果を実証しました。

 

 

実際に、私の知人で、20代の頃に「肥満体形にならず、健康体でありたい」と目標を紙に書いていた方がいました。

 

彼は40代になった今も食べ過ぎに注意して、運動を習慣化することができています。

 

こんな風に夢や目標が実現できたらいいですよね。

 

 

この記事では主に、

 

  • 目標を紙に書く効果
  • 実現する可能性を高める目標の書き方
  • スマホを使ってより効率を高める方法

 

を伝えしていきます。

 

 

最後まで読むことで、あなたは以下のようなメリットを得ることができるでしょう。

 

  • モチベーションの維持ができるようになる
  • 勉強や努力を継続できるようになる
  • 夢や目標を叶えることができる
  • 自分に自信が持てるようになる
  • 人生をもっと楽しめるようになる

 

実現させたい夢や目標がある人、自分を成長させたいと思う人は、ぜひこのまま読み進めてみてください。

 

 

実績プロフィール

実績プロフィール

この記事を書いている時点で私は、300件以上もの悩み相談に直接お答えしてきました。その知見・経験を活かして書いたブログやメールマガジンは、ありがたいことに多くの方に参考にしていただき、やりたいことが見つかった人や悩みが解決できた人がたくさんいます。

 

 

スポンサードリンク

 

\ すでに1,191人も参加してくれました /

DISCOVERYメソッド DISCOVERYメソッド

DISCOVERYメソッド


DISCOVERYメソッド

/ あなたもコレでもっと \

/ 自分を知ることができるでしょう \

 

 

1.目標を紙に書くと実現する!この効果を実証した2つの実験

 

「目標を紙に書くと実現するのは本当か?」

 

この問いに対して、ハーバード大学とドミニカン大学が研究を行っています。

 

 

実際にどのような効果が確認されたのか?

 

それぞれの研究結果を紹介します。

 

 

1-1.ハーバード大学の研究結果|収入が10倍に!?

 

ハーバード大学は、1979年の卒業生に対して目標の有無を質問しました。(参照:Why 3% of Harvard MBAs Make Ten Times as Much as the Other 97% Combined

 

その結果が、以下です。

 

  • 具体的な目標を全く持っていない:84%(A群)
  • 目標はあるが紙に書いていない:13%(B群)
  • 明確な目標を紙に書き、それを達成するための計画を作っていた:3%(C群)

 

 

10年後、上記の質問をした卒業生に追跡調査をしたところ、収入に関して以下のような結果が明らかになりました。

 

  • 目標を持っていた13%(B群)は、目標を全く持っていなかった84%(A群)の2倍の収入を得ていた
  • A群・B群を合わせた97%の平均収入に対し、明確な目標を紙に書いていた3%(C群)は10倍の収入を得ていた

 

 

つまり、目標を紙に書くことは、平均の10倍の収入を実現する効果が確認されたということです。

 

 

しかし現在、このハーバード大学の目標に関する研究に対して、「作り話ではないか?」という指摘が上がっています。

 

 

アメリカの弁護士でスポーツビジネスという新分野を切り開いたマーク・マコーマック氏は、著書「What They Dont Teach You at Harvard Business School(ハーバードビジネススクールでは教えてくれないこと)」で、この1979年のハーバード大学の目標に関する研究の証拠を見つけることができなかった、と語っています。

 

また、このハーバード大学の研究は、実は1953年のイェール大学の研究を参照しているのでは?という指摘もあるようですが、少なくとも1953年にイェール大学でそのような研究や調査があったことは否定されました。(参照:Writing Down Your Goals – The Harvard Written Goal Study. Fact or Fiction?

 

 

私がこれまで調べたところでは、1979年のハーバード大学の研究は完全に作り話だった、とい完全な証拠までは見つけられていません。

 

逆に、完璧な証拠となる論文・ソースなども見つけられていないので、絶対に正しい研究であるとも言えないのが現状ですね。

 

 

じゃあ、目標を紙に書くと実現するのはウソなのか?というと、そんなことはありません。

 

代わりとなる研究がドミニカン大学カリフォルニア校で行われ、目標を紙に書くと実現する効果を認めています。

 

 

 

1-2.ドミニカン大学カリフォルニア校の研究結果|紙に書くと目標達成率が1.42倍になる

 

ドミニカン大学カリフォルニア校では、心理学教授ゲイル・マシューズ氏により、以下のような実験が行われました。(参照:Goals Research Summary

 

【実験内容】

 

参加者を以下の5つのグループに分け、4週間後に自身が決めた目標をどの程度達成できたかを評価した。(対象者は149名)

 

  • Group1:目標を決めるだけ(紙に書かない)
  • Group2:目標を決めて、紙に書く
  • Group3:目標を決めて、紙に書き、計画を作成する
  • Group4:目標を決めて、紙に書き、計画を作成し、友人に宣言する
  • Group5:目標を決めて、紙に書き、計画を作成し、友人に宣言し、毎週の進捗報告を行う

 

 

【実験結果】

 

目標達成率は、Group5が最も高く76.0%だった。

 

目標を紙に書いた場合と書かない場合の比較は、目標を紙に書いたGroup2の目標達成率が60.8%、紙に書かなかったGroup1の目標達成率が42.8%となり、紙に書いたほうが目標達成率が1.42倍高くなった。

 

各Groupの目標達成率は以下の通り。

 

  • Group1:42.8%
  • Group2:60.8%
  • Group3:50.8%
  • Group4:64.1%
  • Group5:76.0%

 

目標達成率

目標達成率

 

参照・画像引用:Goals Research Summary

 

 

 

このドミニカン大学の目標研究の結果から、「目標を紙に書くと実現しやすくなる」と言えますね。

 

 

目標達成率が1.42倍高くなるということは、普通にやったら50%しか目標達成できなそうなことも、紙に書くだけで71%も達成できるようになるということです。

 

「紙に書く」という非常に簡単なことで目標達成率がそれだけ上がるなら、やらない方が損、だと言えるでしょう。

 

 

\あわせて読んでおきたい/

 

スポンサードリンク

 

 

2.目標を紙に書くと得られる3つの具体的なメリットとは?

 

では、なぜ目標を紙に書くだけで、目標達成率が1.42倍なる・収入が10倍なるといった効果を得られるのでしょうか?

 

 

それは、脳の機能がフル活用できるからです。

 

目標を紙に書いておくことで、意識ではコントロールできない脳の機能まで活用することができます。

 

 

その機能は非常の多岐にわたるのですが、ここでは主な機能・効果を3つ紹介します。

 

  • 目標を忘れない
  • 脳が目標実現に必要な情報を自動で収集する
  • 自然と行動したくなる・行動しないと!と思える

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

2-1.目標を忘れない

 

目標を紙に書くことで得られるメリット1つ目は、目標を忘れないことです。

 

 

人は1日に70%のことを忘れてしまいます。(参照:忘却曲線

 

もし、決めた目標を忘れてしまったら、目標を達成することなどできませんよね。

 

 

「目標を忘れることなんてないだろ」と、普通なら思うかもしれません。

 

ですが、決めた目標を毎日意識できている人はどのくらいいるでしょうか。

 

 

たとえば、年始に今年の目標を立てる人は多いと思います。

 

その今年の目標を、4月頃に「あなたの今年の目標は何でしたか?」と聞かれれば、思い出すことができる人は多いでしょう。
(この時点で、なんだったっけな?と思い出すのに時間がかかる人も多いのでは?(笑))

 

しかし、その今年の目標を4月頃まで毎日意識して生活できている人はかなり少ないはずです。

 

 

それくらい人間は、日々の生活や仕事に忙殺されると、自分の決めた目標すら頭の片隅に追いやってしまいます。

 

常に意識できていなければ、その目標は忘れているのと同じです。

 

 

しかし、目標を紙に書いて見えるところに貼っておけば、目標を忘れることはありません。

 

毎朝起きるたびに、仕事から家に帰ってくるたびに、自分の目標を目に入れることになります。

 

 

すると、

 

「自分はこの目標を達成すると決めたんだったな。そのために今日もできることをしよう」

 

と、目標のための行動を起こすことができ、結果として目標を実現することができるのです。

 

 

 

2-2.脳が目標実現に必要な情報を自動で収集する

 

目標を紙に書くことで得られるメリット2つ目は、目標達成に必要な情報に敏感になれることです。

 

 

人間の脳には、「RAS(Reticular Activating Systemの略。日本語では脳幹網様体賦活系(のうかんもうようたいふかつけい)と言う)」という情報を自動で取捨選択する機能があります。

 

私たちは普段から視覚や聴覚といった五感から非常に多くの情報をインプットしています。

 

脳は、その情報をすべて処理することはできません(情報量が多すぎてキャパオーバーだから)。

 

そのため、自分にとって必要な情報と不要な情報に選別し、必要な情報のみを処理・認識しようとする。

 

それがRASという機能なのです。

 

 

たとえば、ゲームが好きな人や友人・パートナーからゲームを勧められた、人はゲームの広告が目につきやすくなるでしょう。

 

また、自分が恋愛に悩んでいるときには、SNSで恋愛関係の投稿が目に留まりやすくなることもありますね。

 

これはRASの機能で、無意識に自分が興味のある情報を認識してくれているのです。

 

 

逆に、美容に全く興味がない男性なら、美容の広告があっても気づかなかったり、気づいても内容を覚えていなかったりします。

 

こちらは、RASの機能によって、「興味のない情報だから不要!」と、脳に負担をかけないために無意識にスルーさせられているのです。

 

 

目標を紙に書いて毎日見ていれば、RASは「目標達成に関係する情報は必要だ」と判断し、目標達成に関係ある情報を無意識に認識させようとしてくれます。

 

その結果、今までスルーしていた情報も認識できるようになり、目標達成に必要な情報をどんどん集められるようになっていくのです。

 

 

目標達成に必要な情報が集められるなら、今まで以上に目標達成しやすくなりますよね。

 

 

 

2-3.自然と行動したくなる・行動しないと!と思える

 

目標を紙に書くことで得られるメリット3つ目は、自然と行動したくなる・行動しないと!と思えることです。

 

 

一般的に多くの人は、「やる気が出ないと行動できない。だからやる気を出そう!」と考えがちですが、行動できるかどうかにおいてやる気の影響度はそれほど多くはありません。

 

それよりも、単純に自分が行動したくなるような環境・状況を作るほうが大事だったりします。

 

 

たとえば、心理効果の1つに「プライミング効果」というものがあります。

 

プライミング効果とは、事前に取り込んだ刺激(情報)によってその後の行動や判断が変わることです。

 

 

具体的な例を出すと、

 

  • お昼に焼き肉のおいしそうな匂いがして、夜ご飯に焼き肉に行った
  • 「ピザ」と10回連続で言った後に、肘を指さしながら「ここは何?」と聞かれると「ひざ」と答えてしまう
  • テレビで北海道特集をやっているのを見て、後日旅行の行き先を決めるときに北海道が魅力的に思う

 

という例があります。

 

事前にインプットした情報によって、後の判断が変わるんですね。

 

 

だって、「ピザ」と10回連続で言ってなければ、「肘」は「肘」だと普通に答えられるでしょう。

 

旅行の行き先だって、北海道特集を見ていなければ、沖縄や福岡・箱根などにしていたかもしれません。

 

 

私たちは知らない間に、周りの情報に影響を受けているのです。

 

だったら、悪い方向ではなく、良い方向で影響を受けたほうがいいですよね。

 

 

たとえば、朝一でYouTubeのアプリを開いてオススメの動画一覧を見たら、仕事中は無意識に「今日は家に帰ったらあの動画とあの動画を見よう」などと考えてしまうでしょう。

 

自分のやりたいことや目標がある人にとって、それは無駄な時間の使い方です。

 

 

ですが、朝一で自分が掲げている目標を見たら、「目標達成のために今日はあれとあれをしよう」と思えることが増えます。

 

仕事中も無意識に「あれをうまくやるにはどうすればいいかな?」「お風呂でもセミナー動画を見たら効率よく勉強できるかな」などと考えられるわけです。

 

そしたら、目標達成のために効率よく行動していくことができますよね。

 

 

つまり、目標を紙に書くことでプライミング効果が発動し、目標達成のために行動・判断できるようになります。

 

その結果、目標を実現できる可能性が上がるのです。

 

 

\あわせて読んでおきたい/

 

スポンサードリンク

 

 

3.実現しやすくなる目標の書き方【SMARTの法則】

 

ここまで、夢や目標を紙に書くと実現しやすくなることを様々な角度からお伝えしてきました。

 

あとは、実際に夢や目標を紙に書いて見えるところに貼るだけです。

 

 

では、目標を紙に書くときにどんな書き方で書けばいいのか?

 

 

自由に書いても構わないのですが、この章では「目標達成の可能性をより高められる書き方」をお伝えします。

 

夢や目標が叶いやすい書き方をしたい場合には、ぜひ真似してみてください。

 

 

3-1.SMARTの法則とは?

 

目標を効果的に設定する方法として「SMARTの法則」があります。

 

SMARTの法則とは、次の5つの単語の頭文字を取ったものです。

 

  • S(Speciffic)具体的である
  • M(Measurable)計測できる
  • A(Agreed upon)達成可能である
  • R(Realistic)関連性がある
  • T(Timely)期限が明確

 

 

この5つの要素を満たした目標を設定することで、進捗管理やモチベーション維持がしやすく、目標達成がしやすくなります。

 

 

具体的に各項目をどう設定していけばいいか、詳しく見ていきましょう。

 

今回は、「副業で稼ぎたい(本業以外の収入の柱を手に入れたい)」という目標を事例にしていきます。

 

 

3-1-1.S(Specific)具体的にする

 

まずは、目標を具体的にします。

 

目標が「稼ぎたい」「有名になりたい」などと漠然としすぎていると、何をしたらよいかわかりません。

 

 

なので、まずは「何をやるのか?」を具体化しましょう。

 

別の言い方をすれば、手段や取り組むことを言語化するということです。

 

 

たとえば、「副業で稼ぎたい」という目標であれば、どんな副業に取り組むのか?というところですね。

 

副業と一言で言っても、ブログ・ライター・転売・アフィリエイト・動画編集など様々な手段があります。

 

手段については、自分の目標に合わせて調べてみると良いでしょう。

 

 

今回は、手段として「ブログ」を選ぶとします。

 

すると、「副業でブログに取り組んで稼ぐ」となりますね。

 

これで最初よりも少し具体化することができました。

 

 

取り組むことや手段が具体化できたら、次に進みます。

 

 

3-1-2.M(Measurable)計測できる

 

次に、目標をどのくらい達成できたのか計測できるように数値化します。

 

 

「稼ぎたい」だけでは、いくら稼いだときに目標を達成できたと判断できるのかがわかりません。

 

また、途中で、その地点での目標達成率を可視化することもできませんよね。

 

 

そのため、「稼ぎたい」であれば、どのくらい・いくら、を明確にしましょう。

 

「有名になりたい」であれば、SNSのフォロワー数や雑誌の表紙に載った回数などで決めてもいいかもしれません。

 

 

資格取得やスキルアップであれば、「○○試験に合格」「プログラミングで★★が作れるようになる」などでもOKです。

 

これらの場合は数値化はできませんが、「合格か不合格か」「作れるか作れないか」という計測(判断)ができるようになりますよね。

 

少なくとも、「プログラミングができるようになる」という目標よりは具体的になり計測可能になるはずです。

 

 

たとえば、「副業でブログに取り組んで稼ぐ」であれば、月にいくら稼ぎたいかを数値化すれば測定が可能になります。

 

今回は、月に5万円稼げるようになりたい、としましょう。

 

すると、「副業でブログに取り組み、月5万円稼げるようになる」という目標になります。

 

 

測定可能な目標まで具体化できたら、次に進みましょう。

 

 

 

3-1-3.A(Agreed upon)達成可能である

 

次に、ここまで設定した目標が達成可能であると感じられるかを確認します。

 

もし、非現実的だ・達成は無理そうだ、などと感じるのであれば、目標を修正しましょう。

 

 

目標が達成不可能だと感じる場合、モチベーションが低下し、行動を続けられません。

 

すると、最終的には目標を実現することができなくなってしまいます。

 

 

たとえば、副業で稼げるようになりたいと思っても、全くの未経験で活かせる知識もないゼロからのスタートであれば、副業で月100万円を稼ぐイメージは湧かない人がほとんどでしょう。

 

達成できなと感じる目標を追いかけるのは、ゴールに永遠にたどり着きそうもないマラソンを走るようなものです。

 

それは、途中で心が折れますよね(笑)。

 

 

「あと1時間でゴールできそう!」「あと10kmだ!」などと、ゴールが見えるから頑張れるものです。

 

だから、ちゃんとゴールできそう(達成できそう)と思えることが大事なんですね。

 

 

目標が達成可能であるか判断するには、

 

  • 自分がその目標を達成できる可能性があると感じられるかどうか
  • その目標を達成する具体的な手段・ステップが考えられるかどうか

 

を考えると良いですね。

 

 

先ほど具体化した「副業でブログに取り組み、月5万円稼げるようになる」という目標であれば、「ブログを100記事書く」など具体的な手段が見えていて、なおかつそれができそうだと思えるならOKです。

 

今回の事例では、できそうだと思えるとしますね。

 

なので、このまま次に進みます。

 

 

なお、月50万円とか月100万円で目標設定していて、達成できるイメージがわかなければ目標を修正します。

 

まずは月5万円でも月10万円でも自分ができそうだと思える目標を設定し、達成するようにしましょう。

 

 

その目標を達成してから、改めて月50万円・月100万円を目指したって遅くはありません。

 

結局は小さな目標を達成することを積み重ねていくことで、大きな目標が達成できるわけですからね。

 

 

 

3-1-4.R(Realistic)関連性がある

 

次に、ここまで設定した目標が自分の人生の目的・生き方・価値観などと関連性があるかを考えます。

 

 

もし仮に副業で月5万円稼げても、それによって何が得られるのかがわかっていなければモチベーションを維持することはできません。

 

途中で、「これって何のためにやっているんだっけ?」などと迷いが生じ、取り組む理由を失ってしまいます。

 

 

なので、「何のためにそれをやるのか?」「なぜその目標を達成したいのか?」を考えましょう。

 

 

たとえば、「副業でブログに取り組み、月5万円稼げるようになる」という目標であれば、

 

  • 年に1回は家族旅行に行けるようになり、家族との思い出が作れる
  • 収入の柱が2本になることで老後の不安が解消できる
  • 自分の力で稼げるようになることで自信がつき、前向きに生きることができる

 

などが考えられますね。

 

 

今回の事例では、「老後の不安を解消できるから、副業でブログに取り組み、月5万円稼ぐ」としましょう。

 

最初の「副業で稼ぎたい」と比べるとかなり具体的になりましたね。

 

 

なお、SNSなどの「これからの日本はヤバイ!」みたいな情報に不安を煽られて、みんながやっているから自分もやっておこう、みたいなスタンスでは、物事を継続するのは難しいです。

 

なので、しっかりと自分の人生の目的や生き方・価値観を明確にし、それらと関連性が高い目標を設定して、自分の納得いく人生を作っていきましょう。

 

そうすれば、SNSやニュースの情報に振り回されなくもなりますね。

 

 

もし、今はまだ自分の生き方や価値観が明確になっていない場合には、先にそちらを明確にした方が良いかもしれません。

 

自分の生き方や価値観を明確にする方法については、心理学や脳科学をベースにした自己理解メソッド「DISCOVERY Method」を参考にするといいですね。

 

すでに1500人以上が参考にしていて、自分の生き方や価値観、長所や才能などが明確になった人がたくさんいます。

 

自己理解メソッド「DISCOVERY Method」はこちらから(キャンペーン中に限り無料なのでお早めに!)

 

 

\あわせて読んでおきたい/

 

 

3-1-5.T(Timely)期限が明確

 

最後に、期限を明確にします。

 

「副業で月5万円稼ぐ」という目標があっても、それがいつまでに達成したいのか明確になっていなければ、具体的な計画を立てることができません。

 

期限があることで、時間軸を含んだ具体的な計画が作れるし、ゴールまでの距離感もより感じられるようになります。

 

すると、モチベーションも維持しやすくなるのです。

 

 

期限を決めるときは、「A(Agreed upon)達成可能である」のステップと同じように、現実的な期限を設定しましょう。

 

「副業で月5万円稼ぐ」という目標でも、期限が2週間では、ゼロからの場合は到底達成することはできませんよね。

 

 

「A(Agreed upon)達成可能である」のステップと同じように

 

  • 自分が設定した期間で、目標を達成できる可能性があると感じられるかどうか
  • 設定した期間で目標を達成するために、具体的な手段・ステップが考えられるかどうか

 

と考えると、自分にとってちょうどよい期限を決めることができるはずです。

 

 

たとえば、今回の事例である「老後の不安を解消できるから、副業でブログに取り組み、月5万円稼ぐ」では、「半年」という期限に設定するとしましょう。

 

すると、「老後の不安を解消できるから、副業でブログに取り組み、半年で月5万円稼ぐ」という目標ができますね。

 

 

最初の「副業で稼ぎたい」という目標から考えると、かなり具体的になりました。

 

具体的な目標の方が、見たときに気持ちが上がると感じる人が多いのではないでしょうか。

 

 

こうして、SMARTの法則で具体化した目標を紙に書けば、モチベーションが維持しやすくなるので、よりその目標を実現しやすくなります。

 

 

 

3-2.目標設定の罠を回避する

 

実は、目標を細かく設定して達成率を上げていくときには、1つ大きな罠があります。

 

この罠をしっかり回避しておかないと、大幅に目標達成率を下げることになるので注意が必要です。

 

 

その罠とは、目標に対してポジティブな妄想ばかりをすると、脳が「目標は達成された」と勘違いしてしまうことです。

 

脳がすでに目標を達成したと勘違いしてしまえば、目標達成に必要な行動をするためにモチベーションが上がることはありません。

 

だって、(脳内では)すでに達成しているんだからその行動をする必要がないんだもの。

 

 

これは、ニューヨーク大学とハンブルク大学で心理学の教授を務めるガブリエル・エッティンゲン博士が2011年に行った研究で、ポジティブな妄想は人のやる気を下げ、目標達成率も下げてしまうことが実際に明らかになりました。(参照:Positive fantasies about idealized futures sap energy

 

つまり、自己啓発のポジティブシンキングやスピリチュアルの引き寄せの法則などは逆効果になるということです。

 

 

目標設定についても、目標を設定する過程でポジティブな妄想をしすぎると同じようなマイナス効果を発生させてしまう可能性があります。

 

 

そこで、やる気や目標達成率を下げないために効果的な方法が、『目標を達成する過程で起こる障壁(課題)とその対策を書き出すこと』です。

 

障壁や課題を書き出すことで、その目標がまだ実現したものではないと脳に認識させることができます。

 

また、障壁や課題の対策まで考えておくことで、実際にその障壁や課題にぶつかったときに、悩んだり落ち込んだりせずに乗り越えていけるようになるのです。

 

すると、行動が継続しやすくなり、モチベーションも維持しやすくなるので、目標達成しやすくなります。

 

 

ポジティブシンキング・目標設定の罠にハマらないためにも、SMARTの法則で目標を具体化した後には、障壁とその対策もセットで考えるようにしてみてください。

 

 

\あわせて読んでおきたい/

 

 

4.目標を紙に書く代わりにスマホアプリを活用する方法(おすすめのスマホアプリ4選)

 

現代では多くの人がスマホを常に持ち歩いているので、目標を紙に書く代わりにスマホに入れてもよいでしょう。

 

実際に、目標達成をサポートするスマホアプリがたくさん出ているので、ここまでに決めた目標をスマホアプリで管理していくこともできます。

 

 

そこでこの章では、目標達成ためにオススメできるスマホアプリを厳選して4つ紹介します。

 

  • 自分ルール
  • 継続する技術
  • みんチャレ
  • ToDoリスト

 

 

4-1.自分ルール|ゲーム感覚で目標を達成できる

 

目標達成ためにオススメできるスマホアプリ1つ目は「自分ルール」です。

 

このアプリは、やりたい行動を設定して実行するとポイントが貯まっていきます。

 

 

たとえば、「文章を1行書く」「目標に対する行動を10分だけする」など達成型でもいいし、逆にポイントが減る行動も設定できます。

 

「SNSを見る」「テレビを見る」など、目標に向かう行動から外れたらポイントが減るので、だらけるのを回避できますね。

 

 

ゲームのような感覚で楽しむことを重視したい人におすすめです。

 

自分ルール:目標達成,目標管理,習慣化アプリ

自分ルール:目標達成,目標管理,習慣化アプリ

Naoki Oguchi無料posted withアプリーチ

 

 

4-2.継続する技術|1点集中したい方向け

 

目標達成ためにオススメできるスマホアプリ2つ目は「継続する技術」です。

 

 

機能は至ってシンプルで、一つの習慣を継続するためだけに作られています。

 

アプリ内で広告表示もなく、達成していくごとに応援コメントがあります。

 

 

応援されると嬉しくなってやる気につながるという評価が多いです。

 

3日坊主を回避したい方におすすめで、1点集中できると行動する力も湧いてきますね。

 

継続する技術|ダイエット・筋トレ・何でも習慣化

継続する技術|ダイエット・筋トレ・何でも習慣化

bondavi Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

4-3.みんチャレ|一緒に頑張る仲間がいる

 

目標達成ためにオススメできるスマホアプリ3つ目は「みんチャレ」です。

 

一人よりみんなと一緒にやって達成したい!こんな方にはおすすめです。

 

 

みんチャレは、同じ目標を持つ5人組のチームを探して参加します。

 

励まし合うことで楽しく習慣化ができ、仲間意識が芽生えて一緒に喜びを分かち合うことも可能です。

 

みんチャレ-習慣化で目標達成~ダイエットや禁酒・禁煙を継続

みんチャレ-習慣化で目標達成~ダイエットや禁酒・禁煙を継続

A10 Lab Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

4-4.ToDoリスト|達成感を味わえる

 

目標達成ためにオススメできるスマホアプリ4つ目は「ToDoリスト」です。

 

 

タスクが多くて何からやればいいのかわからない。

 

こんな方は、やることを一つずつ整理していくことで解決していきます。

 

 

ToDoリストはまとまっていないタスクを整理して、一つずつこなし心が落ち着いていくことを目的としたアプリでもあります。

 

一つずつタスクを終わらせれば達成感を味わい、やる気のリズムも出てくるでしょう。

 

シンプルToDoリスト・タスク - 洗練されたタスクアプリ

シンプルToDoリスト・タスク - 洗練されたタスクアプリ

Futoshi Niiho無料posted withアプリーチ

 

 

\ すでに1,191人も参加してくれました /

DISCOVERYメソッド DISCOVERYメソッド

DISCOVERYメソッド


DISCOVERYメソッド

/ あなたもコレでもっと \

/ 自分を知ることができるでしょう \

 

 

まとめ

 

この記事では、

 

  • 目標を紙に書く効果
  • 実現する可能性を高める目標の書き方
  • スマホを使ってより効率を高める方法

 

をお伝えしました。

 

 

まとめると、以下の通りです。

 

  • 目標を紙に書くと、目標達成率が1.42倍になる
  • SMARTの法則を使い、具体的で現実的な目標を作ると、実現可能性が上がる
  • ポジティブシンキングのし過ぎは目標達成率を低下させる
  • 目標達成の過程で起こる障壁と対策を書き出すことで、やる気と目標達成率の低下を防げる
  • スマホアプリは、自分ルール・継続する技術・みんチャレ・ToDoリスト、の4つがオススメ

 

 

叶えたい夢や目標がある場合には、紙に書いたほうが実現できる可能性が上がります。

 

紙に書くだけでいいので、簡単ですしやらなきゃ損ですね。

 

 

せっかく夢や目標をもって人生を楽しもうとしているのであれば、それを実現してもっと楽しい人生を作っていきましょう。



【次ページ:1,191人が学んだ「やりたいこと発見メソッド」を、今だけ無料公開しています】


1 |


 

 

スポンサードリンク

この記事を書いた人

―西村敏(にしむらさとし)―

西村敏

西村敏


1986年生まれ、長野県出身、宮城県在住。
株式会社ジャストコネクションズ代表取締役。

2011年から副業でブログを開始。ブログ歴は10年。
独立後はコンサル業・通信講座事業も開始。得意の言語化力を活かし、多くの顧客の言語化力・説明力・文章力アップ、起業・副業による収入アップ、やりたいこと発見などをサポート。
2018年9月には法人化。

10年前から「自分のやりたいことで生きる」を実践。

今までの経験を通して、沢山の方の夢や目標を応援することが出来て、とても充実した日々を送れています。

私のプロフィール詳細はこちら↓↓
>>家庭崩壊、父の死、いじめ、裏切り、失敗を乗り越えた先で見つけたもの

お仕事の依頼はこちらから↓↓
>>サービス・仕事の依頼について

電子書籍「DISCOVERYメソッド」を無料プレゼント中!


Discoveryメソッド

Discoveryメソッド


自分のやりたいことや自分軸の見つけ方がわかります。

「DISCOVERYメソッド」で学ぶことで、自分のやりたいことや自分軸の正しい見つけ方がわかり、もう他人に振り回されることがなくなり、自分がすべきことを自分で決断できるようになるでしょう。

→ 詳しい内容を見てみてる

5秒で登録完了。配信解除はいつでも可能です。

スポンサードリンク