ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!が卒業できるブログの書き方

ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!が卒業できるブログの書き方

ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!が卒業できるブログの書き方

 

どーも、西村敏です。

 

ここ最近、「ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!」という相談を受けました。

 

副業としてお金を稼げるからブログを始めたいんだけど、何を書けばいいかわからない、と言うのです。

 

 

そのような状態からブログが書けるようになるにはどうすればいいか?

 

 

結論から言ってしまえば「ブログ読者さんの心の声を聞けるようになればいい」のです。(まだ読者がいない人は、将来の自分の読者でもいいです。)

 

そう、メンタリストDigoさんのように、人の心を読みまくれる人になればいいのです!(笑)

 

 

と言ってもこの一言だけで人の心が読めるようになるわけがないと思いますので、具体的なエピソードを通して

 

「どうしたら読者さんの心の声が聞けるようになるか?」

 

という私の手の内を公開していきます。

 

 

この記事を読んでいるかどうかで、これから書けるようになる記事数にかなりの差がつくはずです。

 

 

では、本題に入っていきましょう。

 

 

本記事の内容

 

  • 「ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!」という人の思考パターン
  • どうしたらブログに何を書けばいいかわからない状態から卒業できるのか?
  • ブログに何を書けばいいか見つかるノウハウを実践してみた結果
  • 結局のところ「お金を稼ぎたい」と「ブログ読者を喜ばせたい」という気持ちをどう融合すべきか?
  • ブログで何を書くことが大量に見つかる『ブログ読者を徹底的に知る方法5選』
  • まとめ

 

 

\ 無料で今すぐ1分で登録可能! /

裏カジノメルマガ

/ 迷惑メールは一切送りません。 \

 

 

「ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!」という人の思考パターン

「ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!」という人の思考パターン

 

この記事を読んでいる人は「ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!」と悩んでいると思うんですけど、私がいろんな人の相談に乗ってきて分かったことがあります。

 

それは、ブログを始めたいけど何を書いたらいいかわからない人というのは、自分の事ばかり考えている、ということです。

 

 

たとえば、

 

「自分がブログでお金を稼ぐために何を書けばいいか?」
「自分のブログのアクセスを増やすために何を書けばいいか?」

 

と『自分のために』と思っていたりします。(実際にこう聞かれることも多々あります。)

 

 

中には「いや、そんなことない!私は読者の人生が良くなるためにブログを書きたいんだ!」という人もいるのですが、そう言う人も、

 

「読者のためにブログを書きたいんだけど、自分には書けるネタがない…」
「自分なんかが偉そうなこと書いていいのかな…」

 

と、こっそり自分の事を中心に考えてしまっているのです。

 

 

以前の私も自分の事ばかり考えていて、ブログに何を書けばいいかわからない時期がありました。

 

 

実は私がブログを始めた理由は「お金が稼げるから」でした。

 

当時は、まずは副業でブログを始めて、会社員の給料くらい稼げるようになったら起業して自由に暮らしてやろう、と思っていたのです。

 

 

自分が稼ぐためにブログを始めたので、内容は「稼げるジャンルで書こう!」と考えました。

 

ネットで「アフィリエイト 稼げるジャンル」などと検索したら美容・健康系が稼げるジャンルだとわかったので、私は女性向け洗顔料のアフィリエイトに参入することにしました。

 

自分が稼げそう、という理由だけで、男の私がまったく未知の女性向け洗顔料ジャンルを選んでしまったのです。

 

 

とにかくブログで稼ぎたい。

 

当時は自分のことしか考えていませんでした。

 

 

しかし、当然ながら私は、女性用洗顔料なんて使ったことがほとんどありません。

 

使ったことがあるとすれば、実家に帰省したときに母親の洗顔料をちょっと借りるか、彼女の家に止まったときに彼女の洗顔料をちょこっと借りるかしたときくらいです。

 

女性用洗顔料について全くと言っていいほど知識も経験もありませんでした。

 

 

そんな私ですから、「ブログを始めたけど、何を書いていいかわかりません!」という状態でした。

 

それでも最初はとりあえず何かは書かなきゃと思い、女性用洗顔料について書かれた他人のブログを参考にしながらなんとか書いてみたんです。

 

 

パソコン画面の左半分に他人のブログを開き、それを見ながら右半分に開いたWordで文章を書き進めていきました。

 

すると、いつの間にやら参考ブログの言い回しや語尾を変えただけのほぼパクリ記事みたいなものが出来上がってしまいました(笑)。

 

知識も経験もなかったので、結局のところ他人の記事の真似をするしかできなかったのです。

 

 

書きあがった瞬間、「こんなパクリ記事を書いたところで稼げるようになるのかよ…」とものすごくモヤっとしました。

 

正直、自分は誰が書いても同じような記事しか書けないのか…、と凹みました。

 

 

とはいえ、他にどうやってブログを書いたらいいかもわからない。

 

自分でブログネタを考えようにも、何を書いていいかわからない状態でした。

 

 

ですが、ブログを書いて稼ぐことを諦めたくはない。

 

いったいどうやったらブログを書けるようになるのか…!?

 

 

そう考え続けていると、あるキッカケのおかげで、ブログに何でも書ける自分に変われるようになりました。

 

 

 

どうしたらブログに何を書けばいいかわからない状態から卒業できるのか?

ブログが書ける

 

私はなんとかしてブログの記事をバリバリ書けるようになりたかったので、ブログが書けるようになるための情報を集めまくりました。

 

自分の力だけで解決するのはムリだと思った私は、Googleで「ブログ 書き方」とか「ブログを始めたけど、何を書いていいかわかりません」とか検索してブログの書き方を教えてくれているブログを読み込んだり、そういう人たちがやっているメルマガに登録したりして、ブログが書けるようになるノウハウを探したのです。

 

 

すると、あるメルマガにこんなことが書いてありました。

 

そもそもビジネスというのは『いかに相手の人生をより良くするか?』なんですよ。

 

ブログに何を書けばいいかわからない時点で、相手の人生を良くしようという視点が欠けています。

 

たとえば私は料理のブログを書いているのですが、ブログを書くために料理関連の雑誌や料理本を大量に読んで、料理する人が何に悩んでいるかを調べます。

 

ときには近所で開催されている料理教室に参加して、料理初心者が何に困っているかを直接話しながらリサーチしたりもします。

 

リサーチしたら「料理初心者って包丁が扱うのが苦手でキャベツの千切りがうまくできないから、千切りをうまくやる方法や包丁を使わずに千切りができる便利グッズを紹介したら喜ばれるな。」とか自然とわかるんですよ。

 

そしたら後はブログには「料理初心者でも簡単にできるキャベツの千切り方法」を書けばいいな、と記事ネタが思い付くんです。

 

『いかに読者のことを知り、いかに読者が喜ぶことを書けるか?』

 

そう考えたら、ブログに何を書けばいいかわからずに悩むことはなくなるはずです。

 

私はこのメルマガを読んで「なるほどな~」と思いました。

 

でも心のどこかで、「読者のことを知るだけで本当にブログに何を書けばいいか自然とわかるようになるのか…?」と疑う気持ちもありました。

 

じゃあ、実際にやってみればわかるだろう。

 

そう考えた私は、Amazonで10代から50代向けの全ての女性ファッション誌を購入し、それらの雑誌に掲載されているコスメ特集やスキンケア特集を読み込みました。

 

 

 

ブログに何を書けばいいか見つかるノウハウを実践してみた結果

雑誌を読んでブログを書けるようになる

 

20代向けの女性ファッション誌を何冊かパラパラと読んでいたところ、ふとある傾向があることに気づきました。

 

それは、「男性からの急な夜のお誘いがあったときにどうする?」みたいな特集が結構多かったのです。

 

ド直球に「夜のお作法の特集(←察してください(笑))」とか「急なお泊りのときに準備しておくもの」みたいな特集もあったし、「憧れの職場の先輩に夜のデートに誘われちゃうかも…」みたいなコーディネート特集で遠回しに「そのまま夜遅くまで二人で…」みたいな表現が使われているページもありました。

 

そういったページを読んでいて感じたのは「20代女性は憧れの人に突然誘われちゃう!」みたいなシチュエーションを望んでいる人が意外と多いのではないか、ということでした。

 

でも、本当に突然誘われて何にも準備していなかったら女性としてのケアができなくなるから嫌だし、かといってめちゃくちゃ準備万端で実はやる気満々でしたというのも軽い女っぽくて嫌だし、だから一応ハプニングも想定してコッソリ準備はしておくけど、そのときになったらまるで人生を変えてくれる王子様のようにちょっと強引に誘ってほしい、と思っている人が多いんじゃないかと思ったのです。

 

実際に憧れの人に誘われるかどうかは置いておいて、そういう準備をしておくことがモテる女の条件だ、と思っている人もいそうだな、とも思いました。

 

 

そうやって読者さんを分析した結果、20代女性の中には「ちょっと急なお泊りとかになっても大丈夫なようにコッソリ持ち歩けるコンパクトなスキンケアグッズが欲しい!」と思っている人がいるだろう、という予測が立ちました。

 

 

あとはもう、20代女性向けに「急なお泊りの可能性があるときも安心!コッソリ持ち歩けるスキンケアグッズ特集!」みたいな記事を書けばいいだけでした。

 

記事は、スキンケアのトラベルセットや7日間のお試しセットを使うと便利だよーって記事を書きましたね。

 

 

こんな風に読者のことを知るだけで、ブログに何を書けばいいか書ききれないほど思い付くようになってしまいました。

 

素直に、コレはスゴイ!!と思いました。

 

 

それから私は、化粧品の口コミサイトを読み漁ったり、美容系のメルマガに登録して読んでみたりして、もっと読者のことを知ろうとしました。

 

ネットで肌の悩みアンケートを作成し、知り合いの女性に回答をお願いしまくって、リアルな女性の肌の悩みを集めたりもしました。(結果的に50件くらいの生々しい声が届きました。)

 

その結果、どんどんブログのネタができて、最終的には美容ブログだけで合計1000記事以上を書くことができました。

 

 

こんな感じで、自分が何を書くか・何が書けるかはどうでもよく、読者が求めていることを知り、読者が求めていることを書こうとすれば、ブログに何を書けばいいかわからないという悩みは全くなくなるのです。

 

 

重要なのでもう一度言います。

 

『自分が何を書くか・何が書けるかはどうでもよく、読者が求めていることを知り、読者が求めていることを書けばいい』

 

のです。

 

だって、ある女の子が「あ~、○○先輩、ホントカッコいいなぁ~。なんとかして話しかけて仲良くなりたいな。でも私みたいなボロボロの肌の女が近くにいたら迷惑だろうな…」なんて悩んでいたとして、「憧れの先輩と自信をもって話せる透明肌を手に入れる最強スキンケア!」みたいな情報を知れたら嬉しいじゃないですか。

 

それで本当に肌がきれいになって憧れの先輩に近づけたら、一生モノの思い出になると思うんですよ。

 

そしたらその女の子はもっと嬉しいですよね。

 

ブログ記事を大量に書ける人ってこういうことを自然にやっているのです。

 

 

これをビジネスの成功法則に当てはめて言うと、

 

「自分がお金を稼ぐかよりも、いかに相手の人生をより良くするか?を考える人が成功する」

 

ということになるのです。

 

 

上記の女の子があるブログ記事のおかげで肌がきれいになって憧れの先輩と仲良くなれたら「このブログに書いてあることは信用できる!」と思うでしょう。

 

実際に

 

「西村さんのおかげで、気になっていた人と仲良くなることができました!西村さんのオススメ化粧品、他のも買って試してみますね!もっと好きな人と仲良くなれますように!」

 

みたいなメッセージが届いたこともあります。

 

私はこうして、結果的にブログでお金も稼げるようになりました。

 

 

 

結局のところ「お金を稼ぎたい」と「ブログ読者を喜ばせたい」という気持ちをどう融合すべきか?

 

ここまでの話を聞いた人の中には、「じゃあ、お金を稼ぐために相手を喜ばせればいいんだな。」とちょっと腹黒く考える人もわずかにいるかもしれません。

 

でも今の時代、ちょっと前にステマ(ステルスマーケティング)が流行ったり、企業のウソが簡単に一般にバレるようになったので、お金儲けのためにやっていたら読者にカンタンに見抜かれます。

 

実は私、読者さんから「どうせ金儲けのために使ったこともない商品をアフィリエイトしてるんだろ?このアフィカス野郎が!」というメッセージをもらったこともあります(笑)。

 

だから、いかに誠実に、いかに純粋に、読者のことを知り、読者の人生を良くしようとするか、を考えることが今の時代は本当に大事です。

 

 

コレは別にお金を稼ごうとするな、と言いたいわけではありません。

 

私もブログを書いてお金を稼いでいるし、ブログでお金を稼ぎたければじゃんじゃん稼いだらいいと思っています。

 

でも、『お金は、読者さんの人生を良くした結果、稼げるものだ』ということだけは忘れてはならないな、と思うのです。

 

 

私も最初は「ブログでお金を稼ぎたい!」がスタートで、読者さんのことなんてほとんど考えていませんでした。

 

でも、それじゃブログが書けないって気づかされました。

 

だから、今もし「あっ、自分は自分のお金のことしか考えてなかったわ」と思ったとしても大丈夫です。

 

これから考え方ややり方を変えていけば、あなたもブログ読者さんに喜んでもらいながら稼いでいくことは十分に可能だからです。

 

 

 

ここまで「ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!が卒業できるブログの書き方」をお話しました。

 

 

本当に重要なのでもう一度だけ言います。

 

ブログを始めたいけど、何を書いていいかわからないときは・・・

 

『自分が何を書くか・何が書けるかはどうでもよく、読者が求めていることを知り、読者が求めていることを書けばいい』

 

のです。

 

 

じゃあ、具体的にどうやって読者を知り、読者の求めていることを知ればいいのか?

 

ここまでのエピソードでもお話しましたが、最後に具体的な方法をまとめておきます。

 

 

 

ブログで何を書くことが大量に見つかる『ブログ読者を徹底的に知る方法5選』

ブログを書けるようになる方法

 

今から紹介する方法は私が今でも実際にやっている方法で、めちゃくちゃ使えるので、正直あまり公開したくないのです(笑)。

 

ですが、ブログで読者さんを喜ばせながら稼ぐ仲間が増えて、最終的にはその仲間と一緒に何か楽しいことができたらいいなと思っているので、仲間が成功への近道ができるようにこっそりシェアしようと思います。(とはいえ、広がりすぎるとライバルが増えすぎちゃうので、あまりにこのページへのアクセスが増えたら消すかもしれません。)

 

ブログ読者を徹底的に知る方法5選
1.雑誌・本
2.口コミサイト
3.売れている商品・サービスの販売ページ
4.ブログ読者に近い人に直接話を聞く
5.アンケートを取る

 

 

1つずつ解説していきますね。

 

 

1.雑誌・本

 

1つ目の方法は、雑誌・本から読者さんのことを知る方法です。

 

先ほどのエピソードで女性ファッション誌を買いまくった話を書いたので、もうなんとなくわかるかもしれませんね。

 

本屋に行って自分のブログ読者さんが読みそうな雑誌や本を読むと、ブログ読者さんが悩んでいることがたーくさん書いてあります。

 

どんな状況で、どんな風に悩んでいるか、どれくらい深刻か、が詳しく書いてあるので、本屋に2時間行くだけで自分のブログ読者さんのことがわかり、ブログに書くべきことがいくつも見つかるはずです。

 

 

私のように男性なのに女性ファッション誌を読まなきゃいけないとか、ちょっと本屋で立ち読みしにくいジャンルの場合は、Amazonで雑誌を購入したり、雑誌の読み放題サービス(dマガジンなど)に加入したりして、自宅で読むのもアリだと思います。

 

雑誌を買う場合は、気になるところにマーカーで線を引いたり、付箋を付けられたりするので、ブログを書くときに資料として引っ張り出すのがラクだなと感じましたね。

 

 

 

2.口コミサイト

 

ネット上の口コミサイトも、読者のことを知るには非常にオススメです。

 

雑誌や本は編集者が編集した情報なので、必要な情報だけに絞られていたり、ちょっと刺激的な内容にするために話が盛られていたりもします。

 

しかし、ネット上の口コミサイトは、ユーザーが直接書き込んでいるので、ブログの読者さんに近い人たちの生の声が編集なしで見られます。

 

生々しい話や本気の愚痴など、雑誌や本に書かれない情報も豊富なのでチェックしてみるといいですね。

 

だいたい業界ごとに口コミサイトってあるものなので「○○(業界・ジャンル名)+口コミ」「○○(業界・ジャンル名)+掲示板」と検索してみるとヒットしてくるはずです。

 

どうしても見つからない場合は、Yahoo知恵袋を使うのもアリですね。

 

 

 

3.売れている商品・サービスの販売ページ

 

世の中でよく売れている商品や、ネットでよく売れている商品は、消費者のことをめちゃくちゃ分析してセールスされています。

 

個人では到底立ち向かえないくらいお金を掛けて、無料サンプルを配って感想を集めたり、バイト代を払って座談会をやってそこから意見を吸い上げたりして、売れる商品を作っているのです。

 

そんな徹底リサーチをした上で、販売ページで「あなたはこれで悩んでいますよね?」と書くので、それを読んだ消費者は「そうそう!」と思わずうなずくぐらいピッタリの悩みが書かれていたりします。

 

 

ということはですよ、そういった世の中でよく売れている商品やネットでよく売れている商品の販売ページには、自分のブログ読者さんが悩んでいることが書かれているということです。

 

 

最近はマンガや動画を使った販売ページも増えていて、

 

「あなたは今こんな生活をしていますよね?その中でこんなことに悩んでいますよね?それってこんな風に解決できるんですよ!」

 

みたいなのがわかりやすく描かれているので、自分のブログ読者の悩みもかなりわかりやすく読み取れますよ。

 

 

 

4.ブログ読者に近い人に直接話を聞く

 

ここから先はちょっと手間がかかる方法ではあるのですが、雑誌にもネットにも載っていない自分だけの情報が手に入る非常に強力な方法でもあります。

 

雑誌にもネットにも載っていないからこそ、自分だけがそのネタでブログを書くことができ、ライバル不在で自分だけがその悩みでアクセスを集めることができる可能性があるものです。

 

 

その1つが、「ブログ読者に近い人に直接話を聞く」という方法です。

 

 

具体的には、

 

1.自分の友人・知人の中からブログ読者に近い人に直接話を聞く
2.無料のお茶会などを開催してブログ読者に近い人を集めて話を聞く
3.こちらがお礼料を支払う形でブログ読者に近い人を集めて話を聞く

 

の3つの方法があります。

 

 

一番気軽にできるのは1ですが、突然知り合いにリサーチ的なことをするのは気が引ける人もいると思うので、そういう人は2・3でやるといいですね。

 

ちなみに私は1の方法でやっていて、自分が美容系ブログを書いていることを暴露しつつ、話を聞かせてもらったり、化粧品を使っている場面の写真を撮らせてもらったり、サンプルを使ってもらって感想を貰ったりしていました。

 

通販で売ってる化粧品ってちょっとお値段の高めのやつが多いので、それをサンプルとしてプレゼントしちゃうのは割と喜ばれましたね(笑)。

 

自分が話を聞いてばっかりだとウザがられるかもしれないので、お礼にちょっといいランチをご馳走したりとかできるといいかもしれませんね!

 

 

 

5.アンケートを取る

 

ちょろっとエピソードの中にも書いたのですが、自分でアンケートを作り、周りにいる自分のブログ読者に近い人に回答してもらうのは非常に強力な方法でした。

 

直接話を聞くのも強力ですが、アンケートだと直接話さなくても生の声が数多く聴けるのでかなり効率的なのです。

 

しかも、文字情報として残るので、参考資料として残しやすいというメリットもあります。

 

 

今はネットでアンケートをカンタンに作れるので、アンケートを作り、周りの人に配るだけです。

 

私の場合、周りにいる女友達に「お願い!○○ちゃんの友達にも協力してくれる人がいたらお願いしてみてくれない?」とお願いしまくって、回答者を増やしました。

 

50件くらい回答が集まったのですが、アンケートからだけで100記事分くらいのネタが作れましたよ!

 

 

 

というわけで、「ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!」という人が、自分のブログ読者のことを知り、自然とブログに何を書けばいいか思い付く方法は

 

ブログ読者を徹底的に知る方法5選
1.雑誌・本
2.口コミサイト
3.売れている商品・サービスの販売ページ
4.ブログ読者に近い人に直接話を聞く
5.アンケートを取る

 

の5つでした。

 

 

ここまで書いて「そう言えば最近、あまり本屋に行ってネタ探ししてないなぁ。」と思ったので、ついさっき本屋に行ってネタ収集してきました。

 

そしたら、1.5時間本屋にいて、25記事分のネタが見つかりましたよ!

 

ホントこういうのはやったもん勝ちだなって思います。

 

 

\ もっと一緒に勉強していきませんか? /

裏カジノメルマガ

/ 私、西村も読んでます! \

 

 

まとめ|ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!が卒業できるブログの書き方

 

今回の記事「ブログを始めたいけど、何を書いていいかわかりません!が卒業できるブログの書き方」では、ブログに何を書けばいいか見つけるためには、

 

『自分が何を書くか・何が書けるかはどうでもよく、読者が求めていることを知り、読者が求めていることを書けばいい』

 

ということをお伝えしました。

 

 

さらに読者が求めていることを知るには、具体的に

 

1.雑誌・本
2.口コミサイト
3.売れている商品・サービスの販売ページ
4.ブログ読者に近い人に直接話を聞く
5.アンケートを取る

 

という5つの方法がある、ということもお伝えしましたね。

 

 

あとはもうここで知ったことを行動に移したら、今後ブログで何を書けばいいかわからないと悩むことはなくなるはずです。

 

だから、スパッと勢いよく行動しちゃったらいいんです!(笑)

 

 

あなたもブログで読者さんを喜ばせながら稼げるようになって、最終的には一緒に何か楽しいことができたらいいですね。

 

 

ではまた(^^♪


ここまでお読みくださりありがとうございます!

このブログ「七転八起」は、

  • 収入アップやスキルアップのためにビジネスを始めたい
  • すでにビジネスをしていてさらに売上を伸ばしたり事業拡大したい
  • 今の人生・今の自分に満足できなくて「何か変えたい!」と思っている

と心から思う仲間のために作りました。

ビジネスを通してお金を稼ぐのはもちろんのこと、スキル的にも精神的にも成長してより魅力的な人間になり、経済的な成功と、精神的な幸福を同時に手に入れていく人が増えたらいいな、と思って日々ブログを書いています。

とはいえ、全員がビジネスをやればいい、とは思っていなくて、ビジネスには興味がないけど「何か変えたい!」という人には、人間関係とか自分の性格とかを変えていくあと推しができればな、と思っています。


私は数年前まで本当にダメダメな人間でした。

副業をしようと思ってもパソコンの前に座るとYahooニュースを開いてスポーツニュースのネットサーフィンをして2時間も時間を無駄遣いしてしまったり、ちょっとでも仕事が大変だと「今日は疲れたから副業はいいや」と思って何もやらずに寝てしまったりしていました。

成功法則を学んだり、健康の勉強をしたりしているのに、なんで学んだことをちゃんと実践できないんだ、といつも落ち込んでいました。

本当に自分に甘い人間だったんです。


そんな私が変わったのは、今では友人でありビジネスパートナーである「佐藤想一郎さん」と出会ってからでした。

佐藤想一郎


出会った当時から想一郎さんは私よりも経済的に成功を収めていました。


私はそんな想一郎さんと男2人で二週間連泊で温泉に行きました。(あっ、決してボーイズラブ的な関係ではありませんよ(笑))

そこで見たのは、想一郎さんが食事とお風呂以外の時間はずーっと作業に集中し、めちゃくちゃストイックに仕事をしている姿でした。

「ここまでやるのか!」成功者のリアルな日常生活に触れて、私の感覚は大きく変わりました。

すると、二週間連泊の温泉から帰った後も、想一郎さんから感じた成功者の雰囲気を思い出しながら仕事をすることで、仕事への向き合い方が大きく変わったのです。

おかげで、ビジネスの売上はもともとの3.4倍にもなりました。


想一郎さんのメールマガジン「裏カジノから逃げ出し、自由を獲得したストーリー」では、読んでいるだけで経済的な成功と精神的な幸福を同時に手に入れる人の『雰囲気・感覚』を知ることができます。(直接会わなくても雰囲気や感覚を伝えられるのは、特殊なライティングスキルを持っているからです。)

そして今では、成功者の感覚をインストールした仲間で集まって、夢を語り合いながら駅近の高層ビルのオフィスで一緒にビジネスをしたり、高級なお茶屋さんでみんなで希少なお茶を飲みながら人生を語り合ったりして、みんなで楽しく過ごしています。


成長してビジネスでも成功したい!明るく楽しい仲間と笑って泣いて笑って過ごす人生を送りたい!と思っている人は、ぜひ一度読んでみてください。非常にオススメです↓↓

→ 無料で今すぐ登録する

1分で登録完了。解約はいつでも可能です。

スポンサードリンク